仮想通貨 関連情報

JPモルガンがJPMコインを発表!リップルへの影響は?

更新日:

2019年2月14日、アメリカの大手銀行JPモルガン・チェースが独自の仮想通貨であるJPMコインを発表し、国際送金(クロスボーダー・ペイメント)などに利用することを発表しました。JPMコインはいわゆるステーブルコインであり、支払い(送金)はJPモルガンのブロックチェーンであるQuorum上で行われます。

メモ

Quorum(クオラム)とは、JPモルガンが開発したイーサリアムをベースとするオープンソースのブロックチェーンです。

これは日本でも人気の仮想通貨XRP(リップル)と同じ目的を持つものであり、直接の競争相手となります。では、JPモルガンの仮想通貨はリップルにとって脅威となり得るのでしょうか?

仮想通貨XRPを介した送金手段を開発したRippleは、素晴らしいプロダクトを持っています。しかしながら、ビジネスの世界においては様々なリスクや利害関係を考慮した上で意思決定が行われるため、必ずしも最善の方法が採用されるとは限りません

XRP(Ripple)リップルとJPMコイン(JPモルガン)の比較:どっちが採用される?

XRPとJPM比較:ボラティリティの違い

まず今回発表されたJPモルガンのJPMコインが持つ特徴として、ステーブルコイン(安定したコイン)というのがあります。

仮想通貨取引所で自由に売買される仮想通貨XRP(リップル)はその時々の需要と供給に応じて価格が変化しますが、JPMコインは常に1枚あたりの価格が1ドルに固定(ペッグ)されている事が、JPモルガンによって保証されています。

このXRP(リップル)が持つ価格変動性(ボラティリティ)は、私たち一般投資家からすると億万長者になる夢を見せてくれる、無くてはならないものかもしれません。ですが銀行がシステムとして採用する際にはリスクとして考慮されてしまいます。

たまに聞くのが、「リップルは送金が一瞬で済むから銀行にとって価格変動リスクが無い」というような意見です。ですがこれは当然正しくありません

たしかに送金するたびにその都度必要なだけXRPを仕入れ、その直後に即使用するのであれば価格変動リスクは抑えられるかもしれません。しかし当然ながらそれは現実的ではなく、リップルの送金ネットワークを使うのであればある程度の量のXRPを常に保有しなければならないからです。

銀行にとって低コストの送金を実現するために、非常に不安定な値動きをする恐れのある仮想通貨XRPを保有することはリスクが高いと見る専門家も多いのです。

メモ

XRP(リップル)以外に分散投資するなら、マスターノード銘柄で不労所得を狙うべき

マスターノードなら断然AMBの理由:仮想通貨で不労所得

逆にJPMコインはXRP(リップル)と違ってステーブルコインですから、価格の固定(1ドルにペッグ)がJPモルガンによって保証されています。

ですが結局のところ、他の金融機関がJPMコインとそのブロックチェーン(Quorum)を使うかどうかは、JPモルガンを信用するかどうかという事にかかってくるのです。

XRPとJPM比較:企業としての信用度と企業ネットワーク

JPモルガンのJPMコインを受け入れる銀行として現在有力なのが、JPモルガンのInterbank Information Network(銀行間情報ネットワーク)のメンバーである157行です。

これらの銀行は既にJPモルガンをコルレス銀行として使っているため、JPMコインとそのクロスボーダーの送金システムを使うことでリスクやエラー率を追跡するのに役立つからです。

このJPモルガンのIINには、日本からはみずほ銀行、りそな銀行、三井住友銀行なども参加しています。

メモ

コルレス銀行とは海外送金の際に、その通貨の中継地点となる銀行のこと。コルレスはCorrespondentを略したもの。

仮想通貨XRPのほとんど(60%以上)を今もRipple社が保有していることも、保守的な金融機関にとっては大きなリスク要因です。先程の価格のボラティリティにつながる話ですが、他の組織の支配下にあるシステムを銀行はあまり使いたがりません。

しかしながらRippleも、現時点で200を超える提携先がある事を発表しています。その数は今後も増えていくでしょう。

そしてJPモルガンのネットワークに参加していない銀行は、当然ながらライバル企業であるJPモルガンのブロックチェーンを使いたがりません。そのため今後、様々な銀行が同様のシステムを開発する(もしくはしている)可能性があります。

とは言っても比較的規模の小さい銀行は自社で開発する資金やリソースが無いため、結局JPモルガンのシステムを使わざるを得なくなる可能性もあります。

JPモルガンはFortune 500の企業の80%と取引があるため、そのような企業たちと関わっていくためにはJPMコインを使わなければいけない状況になる可能性もあります。

XRP(リップル)とJPMコイン比較の結論

今回のJPモルガンによる独自コインの発表は、XRP(リップル)保有者にとっては大きなリスクが増えたという状況になります。

ビジネスの世界では必ずしも最も効率の良いシステムが採用されるとは限らず、様々な利害関係や企業同士のつながりによる影響が大きいのです。

今後も、このような情報をきちんと確認しながらXRP(リップル)や競合企業の動きに注目していきましょう。

こちらの記事もオススメです

 

仮想通貨に全財産投資は危険すぎます

仮想通貨は相場の変動が激しく、買うタイミングを正確に測ることは不可能です。どんなに魅力的に見える銘柄であっても、失っても全く問題ない額以上のお金を仮想通貨に投資するのは危険です。それだけは絶対に止めましょう。あくまでも参考までに、当ブログ管理人は5年以上の長期目線で仮想通貨に投資を行っています。短期の相場急落により、とてつもない含み損を抱える可能性も高いのが仮想通貨だという事を肝に銘じています。

免責事項

当サイトに記載の情報は、投資を勧めるものでも投資のアドバイスでも一切ございません。仮想通貨への投資を含め、投資は専門家の指導の元、自己責任で行ってください。当サイトの情報を元にしての判断により行ったいかなる行動においても、その結果の責任は一切負いかねます。

人気の記事

マスターノードの不労所得で早期退職も? 1

仮想通貨に投資している方でマスターノードを検討しているなら、ぜひ知っておくべきコインがあります。それはAmbrosus(アンブロサス)というプロジェクトの仮想通貨トークンであるAMB(アンバー)という ...

仮想通貨と紙幣 2

目次1 提携企業1.1 AMB-NETのテストネットにミグロ関連のデータが大量に存在1.2 スイス建国記念日(8月1日)のスポンサーにアンブロサスとミグロ1.3 2019年に入ってからも、ミグロ主催の ...

XRP以外で投資するなら 3

2018年は暗号資産(仮想通貨)ホルダーにとっては中々厳しい1年でした。特に保有通貨についての情報収集をあまりしていない方々にとっては苦しい年だったのではないかと思います。 長い前置きは良いから早く本 ...

-仮想通貨 関連情報
-

Copyright© クリプトーーク! , 2019 All Rights Reserved.