アルトコイン情報局

リップル(XRP)価格予想全まとめ【2019年最新版】

更新日:

2019年のリップル(XRP)の価格予想を全てまとめます

 

海外の主要仮想通貨情報サイトを中心に、2019年のXRP(リップル)価格予測をまとめていきます。内容更新していきます。

リップルを買うのにオススメな取引所ランキング

XRP(リップル)の価格予想・予測を見る前に、、

あなたはXRP(リップル)がみんなに知られる前に、価格の最も低い時期から投資していたら・・・と思ったことはありませんか?

黎明期からXRPに投資していた並に熱い!いや、それ以上に期待出来るのは、仮想通貨AMBです

仮想通貨AMB(アンバー)のプロジェクトであるAmbrosus(アンブロサス)は、最近世界的経済誌Forbes(フォーブス)の30歳以下特集ファイナンス部門で選出されたCEO、Angel Versettiを擁し、国連のプログラムにも参加しています。

XRP(リップル)にすら無いAMB公式日本語テレグラムがありますし、Ambrosus Japanという非常に情報の多い日本語非公式サイトもとてつもなく内容が充実しているため、一度知ってさえしまえば日本人でも情報収集が容易です。

最先端のIoTとブロックチェーンを組み合わせ、食品や薬を始めとしたあらゆる産業の商品データ、産地から消費者までの情報管理に革命を起こすAmbrosusによって、世界中で多くの人を死なせたり苦しませている偽造薬品、食品詐欺を行う不正業者たちが存在しない流通経路・サプライチェーンが生まれます。

Ambrosusが自社で開発しているIoTデバイスは、温度や湿度、位置といった基本的な要素だけでなく、DNA、pH、酵素、アレルギーといった、商品内部の情報までも検知出来る革新的なテクノロジーを持っています。さらに、市場で調達可能なものよりも5~10倍も安い1セントという費用のIoTタグも開発しています。

Ambrosusは未来のスマートシティの基盤にもなり、水質、空気の質、資源の浪費までをもIoTとブロックチェーンで管理出来るようにします。

こちらの記事に、なぜAmbrosusが非常に素晴らしいプロジェクトなのか、Ripple(リップル)との類似点を挙げてみました。

また、AMBを最低1万枚以上集めてマスターノードに参加することで、企業の商品データを世界中で分散保存するという役割として貢献し、対価として報酬を得ることが出来ます。コンピュータに仕事してもらって寝てる間に稼げるという、まさに不労所得です。

その仕組みを、以下の記事で報酬の予測やその計算方法と共に説明しています。

マスターノードなら断然AMBの理由:仮想通貨で不労所得

とりあえずAMBの日本語公式テレグラムに入っておくのがオススメ

ではXRP(リップル)の価格予想を見ていきましょう。

2019年6月11日時点の、inside bitcoinsによる今後のリップル(XRP)最新価格予想

inside bitcoinsによる予想まとめ

  • XRPは2019年第4四半期に競争的刺激を経験する
  • XRPのマーケットは他のアルトコインと一緒に成長する
  • 以前の最高値を更新するにあたり、XRPはさらに価格変動を経験し、より高い高値を達成していく
  • XRPは2020年末までに10ドルに達するか、もしくは開発が早まったり仮想通貨市場の成長などの条件が重なれば、25ドルに達する可能性もあるだろう

2020年のリップル(XRP)トークンの価格を予想する前に、まずは以下のXRPの価格反応についておさらいしましょう。もちろん、以前の結果が将来の結果を示唆する訳ではありませんが。

XRP初期の取引量におけるブレークスルー

  • 価格に関して、XRPの最初の動きは2014年でした。その時は違う名前でしたが、その目的は今のXRPのビジョンと変わっていません。2014年から2015年の間、XRPの平均日次取引量は数十万ドルの水準を維持していました。仮想通貨市場への関心が高まった2016年、XRPは100万ドルの日次取引量を保ち続けました。この頃から、XRPの価格と取引量は極めて一様でなくなり、それは価格変動の潜在的な指標として機能するようになりました。
  • 2015年1月に見られたように、相対的レベルの取引量を超えたとき、XRPの価格は100%を超える上昇を記録しました。

リップル(XRP)の成長に影響するファンダメンタルズ

これまでの1年は、デジタルマーケットにとって非常に多様な1年でした。多くの企業が今年からこの世界に関わり始めています。この1年で最も大きな出来事の1つは、Facebookが仮想通貨プロジェクトを始めたことです。このニュースは多くの人にとって驚くべきものでした。実際、多くの人がFacebookのコインはリップル(XRP)のような仮想通貨の株を奪い、世界的な取引通貨の地位を確立するのではないかと考えています。ビットコインに対して強気でアルトコインに対して弱気な立場で知られるMax Keiserは、「Facebookの仮想通貨はビットコインを除く全ての仮想通貨を乗っ取る。まずはRippleからだ。」と述べています。

しかし、我々(inside bitcoins)の予想はそれとは反対です。我々がこれまで見てきたように、一貫した仮想通貨市場の動きのサイクルは、他のアルトコインの価格が上がるというだけの理由で、それ以外のアルトコインの価格も上がる、というのがほとんどです。また、Facebookのコインはリップルの主要基盤やXRPトークンにプレッシャーをかけますが、それは完全崩壊を意味するのではなく、むしろ2つの企業にとって健全な競争になると考えられるからです。

FacebookもRippleも数十億ドル(ビリオンダラー)企業です。間違いなく、お互いがライバルになるでしょう。しかし、この競争は仮想通貨市場にとってポジティブな刺激です。その結果は、我々の意見では、便利で恩恵のあるFacebook仮想通貨と、より価格の上昇したXRPという結末です。

XRP価格予想の結論

契約にサインする機関、XRPを使うと約束している投資銀行の増加、新しいFacebookのステーブルコインとの競争という刺激、2020年に予定されている開発などから、ファンダメンタル的にRippleの将来は明るいでしょう。過去の経験やXRPというアセットの統計的要因からすると、XRPというデジタル資産は成長を続け、新たな史上最高値を更新するでしょう。

inside bitcoinsの今後のリップル(XRP)予測:

  • XRPは自分のニッチ市場を確立し、さらなるネットワークの拡大とアセットの成長を実現するでしょう。
  • 我々は2020年末までに、XRPの価格が10ドルになると予想します(今の価格から1000%以上のROI)。
  • XRPは2020年第1四半期までに、グローバル資産としての地位をより強固にするでしょう。
  • XRPは規制、法律に従順な仮想通貨として先導するリーダーになるでしょう。

INSIDE BITCOINSによる2019年XRPリップル価格予想

以下はINSIDE BITCOINによるXRP(リップル)の2019年価格予測です。

長いので結論から見たい方は、2019年四半期ごとの予測にジャンプ!

リップル XRPはこの数週間、イーサリアムを世界の仮想通貨ナンバー2の座から引きずり下ろしたことで注目を集めました。ビットコインだけが今やXRPより大きな時価総額を持っています。リップルは異論も多い仮想通貨ではありますが、否定できないメリットがある仮想通貨です。私達のリップルの予想は、2019年にもし仮想通貨の価格が回復するなら、XRPが史上最高値を試し、5ドル以上になる可能性もあるというものです。

Ripple XRP: 現在のリップル価格予想と分析

XRPはこれを書いている時点で0.32ドルです。これはXRPの史上最高値である3.34ドルから90%以上も下落しています。でもそれは、もしあなたが高値近くで買っていた場合のみ悪いニュースになるでしょう(あなたがもしそうであればお悔やみ申し上げます)。

以下になぜリップル XRPが上がる一方であると私達が信じているのか、現実的な理由を説明します。さらなる市場の下落が起きる可能性はいつでもあります。しかしそれでもなお、リップルは市場が戻ったときに生き残って繁栄する仮想通貨プロジェクトである可能性は非常に高いと言えるでしょう。

私達が望んでいるようにこれが2019年に起こるのであれば、XRPの価格が5ドルになりさらにそれを超えていく可能性は現実になるかもしれません。

なぜリップル XRPの価格は長期的に上昇していくのか

リップルXRPの価格が2019年に上昇することを信じる良い理由がいくつかあります。以下が私達のXRP価格予測の理由です。

既存の提携(パートナーシップ)

現在、リップル XRPには1年前より潜在価値がより高くなっていることを裏付ける論点があります。リップルの様々なプロダクトが色々な金融機関、組織によって採用されてきました。例えばサンタンデール、PNC銀行、ウォルマート、ウエスタンユニオン、カナダロイヤル銀行などです。少なくともこのRippleによる予測によれば、この銀行、組織の数は増える一方です。

ドバイへの拡大

リップルはドバイでの新しいオフィスや提携によって中東に拡大していっています。Rippleの社会基盤イノベーションのトップであるDilip Rao氏は以下のように述べています。

私達は当初、クロスボーダーの支払いに集中します。なぜならそこにもっとも大きな摩擦があると私達は考えているからです。世界のこの部分において、クロスボーダー取引への大きな需要があります。これは地域内と残りの世界、どちらの経済もサポートするでしょう。

 

RippleNet(リップルネット)

Rippleの一連のプロダクト(まとめてRippleNet)は機能していて、拡大しています。多くのブロックチェーン競合企業はここまで到達していないでしょう。xCurrent、インターレジャープロトコル、xRapid、xViaは既に顧客を抱えていて毎日運用されています。

 

組織的な安定性

リップルは組織的なブロックチェーンです。この事が多くの仮想通貨狂信者たちから間違った方向で当てこすりを受けています。結局のところ、仮想通貨は人々のための技術であるはずですよね?ブロックチェーンは皆のために役に立つ技術であり、銀行のような機関はそれをただ愛しているのです。機関がリップルを使っているという事実は、リップルがおそらく投資家によってのみ使われる仮想通貨よりも安定しているということを意味しているでしょう。リップルにはもしかしたら他の人気仮想通貨が持っているようなパンキーな神秘性は無いかもしれませんが、これが実際には長期的に生き残るために重要であるのかもしれません。

リップルの経済的側面

リップルは安いです。しかし、リップルが持つゴールを達成するためには高価になる必要があります。Rippleが誕生してから今までほとんどの期間、XRPの価格は1ドルを大きく下回ってきました。新たに参入してくる投資家達は低いコインの価格を価値があることと考える傾向があるため、この事はしばしば同じ買い手がビットコインのような「高価な」コインに手を出す前に、リップルに新しいお金を引きつけることにつながります。

これは問題に対する正しい考え方ではありません(投資のリターンはパーセンテージの成長に依存します。そのアセット自体のコストは関係ありません。また一度に1ビットコインを全て買う必要もありません)。それでもやはり、低い価格は新しい買い手にとってリップルを魅力的に見せるのです。

しかしながら長期的には、もしリップルがグローバル通貨として機能することになるのであれば、XRPはもっと高価にならざるを得ません。リップルで家を買うことを想像してください。そしてそのために100万XRPコインを費やす必要があるとしたら?より高価な価値が付いたXRPトークンは、その(100万枚という)数字をもっと実用的な範囲にしてくれます。RippleラボはXRPコインの供給量の大部分をコントロールします。彼らは長期的に、XRPの価格が上昇するように計画しています。今Rippleを買う人は、この経済的ロードマップから利益を得られる良いチャンスを得られる立場にいるのでしょう。

リップルのスピードと他の要因

リップルが他の競合を倒す確かなファンダメンタルズがあります。リップルは世界最速の仮想通貨ではありません。しかし、最も人気のある仮想通貨よりずっと速いです。リップルは秒間1,500トランザクションを誇りますが、ビットコインは10以下です。

さらに、リップルはトランザクションの解決もビットコインより速いです(数分に対して数秒)。リップルのトランザクション費用は相当低く済みます。世界の多くの人々はリップルよりもビットコインを知っています。しかしこれらのファンダメンタルズは世界におけるリップルの立場を上昇させ続ける可能性が高いと言えます。

クロスボーダー支払いとグローバリゼーションへの集中

仮想通貨がファイナンスやテクノロジーの新しいスタンダードとなるためには、国際的なレベルで成功しなければなりません。Rippleは一番始めの段階から国際的な問題に注力しています。例えばバンキング、送金、クロスボーダー支払いなどです。リップルAPIの上には、こういった問題に対する実践的な解決方法を提供する、様々なアプリケーションがたくさん開発されています。

リップルは世界中の多くの人々にとって、最も採用しやすい仮想通貨としての立場を手にしています。ビットコインより速くて安く、イーサリアムよりも理解しやすく、そして採用という点では他のアルトコインよりも圧倒的に先に行っています。リップルは私達が持っているものの中で、本当の国際的仮想通貨に最も近い存在なのです。ビットコインの方が有名かもしれません。しかし、数十億人に影響する国際バンキング部門に入り込んでいるリップルは、国際的に最も採用されている仮想通貨と考えることも出来ます。私達はリップルの価格もそれに追従すると期待します。

2019年リップル Ripple XRP 価格予想(四半期ごと)

直近数ヶ月のリップルの価格の動きを予想するのは不可能です。しかし私達はいつでも、知識に基づく根拠のある推測を行うことが出来ます。以下が私達が期待する、2019年第1四半期から第4四半期までのXRP価格です。充分に楽観的な視点を持って予測しています。

2019年Q1のXRP価格予想 = 1ドル未満

この長く続く弱気相場(ベア・マーケット)が一夜にして回復することはないでしょう。現時点で、全ての仮想通貨プロジェクトが同様に苦しんでいます。個々のプロジェクトが持つ相対的なメリットや弱点は無関係です。投資家たちは下落する価格を怖がっているままです。

そして機関投資家は、いまだに市場に大きく参入してきていません。私達はこの状況が少なくとも2019年の最初の何ヶ月かは続くと予測しています。

それはXRP(リップル)の価格が1ドル以下のままであるという予想に繋がります。これはリップルに投資する上で強い機会を表しています。なぜなら一度XRPが上昇し初めたら、この安値には二度と戻ってこない可能性があるからです。

2019年Q2のXRP価格予想 = 1ドルから2ドル

私達は2019年の春から仮想通貨市場が上昇し始めると予想しています。私達は2018年の遅くと2019年の初めに、すでにフライングとブルトラップを何回か経験しています。しかし残念なことに、これらは一つも続きませんでした。

リップルラボはビジネスの世界への進出を続けます。そして仮想通貨市場は徐々に、これがグローバルのフィンテックを先導するプロジェクトであることを悟り始めます。

この期間の間、投資家たちは次の強気市場の強さをためらいがちに測るので、XRPの価格もジワジワと上がっていきます。その上昇における新たな王様の誕生を新しい物語が語り始めるので、おそらくリップルはビットコインの時価総額にすら近づくほど上がっていくでしょう。

夏までに、リップルは2017年の半ばのレベルまで達するかもしれません。そして投資家たちはさらなる上昇を期待してよだれを垂らすことになる可能性もあります。

2019年Q3のXRP価格予想 = 3ドルから5ドル

Q3(第3四半期)までには、私達は間違いなくリップルが2019年のフィンテックの中心というポジションを得たかどうかを知っていることでしょう。もしその地位を得たのであれば、リップルの時価総額はビットコインと大きくかけ離れていくでしょう。

一部の人々は2つの仮想通貨を同じものと考え始めるかもしれません。そして仮想通貨の王様(ビットコイン)にとってのメジャーな競争相手であると。

複数の市場や経済への国際投資と共に、リップルは主要な国際プレイヤーとしての立場を明確にしていることでしょう。絶えず基盤を整え続けるでしょう。

この時点までにアルトコイン市場が回復していたら、そしてリップルの勢いが前述のように続いていたなら、私達はXRP(リップル)の価格が過去の史上最高値を超えていくと予想します。

2019年Q4のXRP価格予想 = 5ドルから10ドル

他の厳格な仮想通貨(ビットコイン、ライトコイン、ダッシュ等)と比較したとき、リップルが最も開発と採用において勢いがあるという事については様々な議論があるでしょう。これは2018年において特に顕著でした。

もし2019年もこの流れが熱いまま続くなら、私達はXRP(リップル)の価格が過去の史上最高値を超え、もしかしたら伝説の10ドルまで近づくのではないかと予想します。

もちろん、未来の1年というのは仮想通貨暦では1世代とも言えるほど流れが速い世界です。しかしこのような予想をすると私達も楽しんで待てますよね。それでも、これら考えはリップルの印象的なファンダメンタルズや提携という現実に基づいています。

これは起こり得るのです。リップラー達は準備をしておいた方が良いでしょう。

今がXRPリップルを買う時期か?Ripple価格予想の結論

私達はあなたが自分のお金をどのように投資するかについては何も言えません。でもこのように言うことは出来ます。もしある仮想通貨が2019年の急成長のために良い立場にいるとしたら、それはXRP(リップル)です。

私達はリップルが他のトップの競争相手のほとんどと比べて、より良い提携、より印象的なファンダメンタルズ、より大きな成長のポテンシャルを持っているという立場に立ってきました。

現時点で、XRP(リップル)の価格は低いままです(他の全てのアルトコインと同様に)。今がXRP(リップル)を買うタイミングなのかもしれません。価格が回復して、1ドル以下の価格が遠い記憶のようになる前に

リップルを買うのにオススメな取引所ランキング

自分でよく調べないといけませんし、自分にとって失っても良い金額以上は決して投資するべきではありません。XRPについて一晩考えるべきか?それは2019年の最も素晴らしい投資ストーリーの一つになるかもしれませんね。

以上がINSIDE BITCOINSによる2019年のXRP価格予想でした。

リップル(XRP)より期待出来る仮想通貨があるとしたら!?ひとつの銘柄に集中投資は超危険!

次のXRP価格予測に進む前に、もしかしてあなたはXRPだけに投資している、もしくは投資しようとしていませんよね?投資の基本ですが、どれだけ期待出来る銘柄でも1つだけに資金を集中させるのは危険すぎます。

もしRipple社が収益化を実現する前に資金不足に陥ったとしたら?順調に提携を増やしていることと、ビジネスを続けられることは必ずしも結びつきません。もちろんその可能性は低いでしょう。Googleにも資金提供されているRippleです。

ですが、それでも「リップルが非常に期待出来るプロジェクトである」イコール「リップルだけが期待出来るプロジェクトである」ではありません。

あなたがRippleに注目した理由は様々だと思いますが、非常に期待出来るプロジェクトをもう一つ知っておいても全く損はありません(買わなくても)。

次の2019年XRP価格予測も非常に長いので、ぜひ箸休めとしてでも読んでみてください

2019年にリップルXRP以外に分散投資するなら?共通点と予想

2019年にリップルXRP以外に分散投資するなら?共通点と予想

INVESTING HAVENによる2019年XRPリップル価格予想

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

以下はINVESTING HAVENによる2019年のXRP価格予測です。

リップル社は私達にとって一番お気に入りの暗号通貨企業です。これは秘密ではありません。ではリップルの暗号通貨であるXRPトークンは、どこまで価格が上がり得るのでしょうか?ディスカバリー・ライクなやり方で、私達は2019年のリップル予想に対する答えにたどり着きました。結論から言うと、私達はXRPトークンが20ドルになることに自信を持っています。私達の2019年リップル価格予想は20ドルです。

リップル社のXRPトークン(リップルの暗号通貨)の価格は今週、8ヶ月の下落トレンドから抜け出しました。私達はこれがリップル社のXRPにおける弱気相場(ベア・マーケット)の終わりだと確信していて、それが今週初めに「リップルが新しい強気相場を歓迎」という記事を書いた理由です。私達はまた、今が2019年のリップル社のXRPについての価格の予想をするのにふさわしい時であることも確信しています。

リップルについては話すことが多くあります。ですが一言で表すとしたら、リップルは世界最大の可能性を持つ、ブロックチェーンまたは暗号通貨企業です。これは大胆な発言ですね。ですが私達はこの記事に書いた理由に自信を持っています。

知っておいて頂きたいのが、このリップルXRP価格予想のような詳細に渡る洞察というのは、通常は有料会員のみにお届けしているということです。私達がこのような比類の無いリサーチ、洞察を一般公開するのは非常に例外的なことです。

リップルXRPの価格は最近まで低かった。興奮する理由はあるか?

インターネットには非常に多くのコンテンツがあって、短期に目を向けたチャートもとても多くあります。この状況では簡単に迷子になってしまうでしょう。俯瞰(ふかん)の目線を失うことは、最も重大な落とし穴の一つです。つまり、非常に短期に着目した考え方のことです。リップル(XRP)の2019年価格予想をするには、一歩下がって大枠をとらえることが必要です。

今週CNBCにこんな記事が投稿されました。「今年最悪のパフォーマンスを出していた暗号通貨の1つとしてもがいた後、XRPは金曜日に80パーセント上昇しました」

このタイトルを読んでも、今まで見たことがなかったようなこのボラティリティに苦しんでいる暗号通貨投資家にとって、全く役に立ちません。

今までに何度も言われてきたことですが、「少ないほど豊かである(less is more)」のです。これは特に暗号通貨の世界によく当てはまります。ここでは頻繁にトレードしないことが非常に高い利益につながるのです。暗号通貨投資家の大部分は、彼らが感情的になりすぎて取引を頻繁にしすぎた結果として、自分のポジションから振り落とされる傾向があります。

先程の記事のタイトルが本当に誤解を与えるのは、「今年最悪のパフォーマンスを出していた暗号通貨の1つ」という部分です。過去8ヶ月を考慮すればこれは間違っている訳ではありませんが、より大きな枠組みで物事を考えた場合、本当に役立たずであり恐ろしく間違えているのです。

なぜか知りたいでしょうか?リップルXRPの長期価格チャートを見てください。意味が分かりましたよね?

XRPの四半期マーケット報告の通り、XRPの価格は暗号通貨市場全体と同じような形、同じようなペースで下落しています。以下がその図です。

リップル(XRP)とデジタル資産全体の時価総額比較

言い換えると、暗号通貨市場はその特性としてサイクルを繰り返すものなのです。そして下落トレンドの間は、どんな暗号通貨も価格下落の犠牲者になるということです。リップルXRPも例外ではありません。

リーン・スタートアップの原則に基づいたRipple(XRP)価格予想

多くの暗号通貨投資家たちはリップルXRPの可能性を疑い始めていて、その理由は(先述の)価格下落だけではなく、リップルに対する訴訟が増えていることでもあります。さらに状況を悪くしたのは、XRPの価格が0.01ドルに下落するという予測をしたこのようなリサーチです。

このようなRipple(XRP)の価格予想を誰がまじめに捉えられるでしょうか?彼らが予測に使った手法は論理的に正しいかもしれませんし、よく熟考されたものかもしれません。しかし、もしその結論がナンセンスなものであるのなら、その手法は見直すべきでしょう。Ripple社が世界でもっとも成熟し、先に進んだ暗号通貨企業であることは否定しようのない事実です。もしあなたがこれを無視するなら(先程のリサーチがそうしているように)、あなたは深刻なレベルで間違ったことをしているのです。

私達は暗号通貨に対してパーマ・ブル(常に強気)ではありませんし、リップルに対しても全くそうではありません。私達は長い間ハードに学んできた投資家であり、出来る限り事実に基づき、偏った見方をしないようにしています。そうです。私達は事実を見ることが出来るのです。チャートや記事のタイトルよりもです。それが私達がこの2019年のRipple(XRP)価格予想に関して証明するものです。ですから読み進めてみてください。進むにつれて面白くなるばかりですから。

「Tsaklanos his 1/99 Investing Principles」によれば、投資家に関係するニュースは全体のたった1%です。その他はただのノイズであり、あなたのポートフォリオや精神的・感情的な健康に対して危険ですらあります。言い換えると、99%のニュースがあなたの富と健康に傷をつけるのです!

リーン・スタートアップの原理、企業がどのように成長するのかそして成功するかを、技術とその採用と共に理解している人なら誰でも、リップルについての関連ニュースを多く見ることになるでしょう。関連するニュースとは、今週初めに出たこのニュースだけではありません。「リップルがxRapidをローンチしようとしている」。もしあなたがインターネットを今日検索したなら、リップル(XRP)の価格暴騰の理由はxRapidであると皆が話しているでしょう。しかし実際には、これに先立つものが非常にたくさんあったのです。

次の章で、これらのRipple関連ニュースをたくさん見ていきます。しかし明らかなのは、それら全てが指摘している事です。つまり、リップル社は素晴らしい可能性のある技術を持っていて、彼らがその技術にレバレッジをかけることが出来るという予測を証明したということです。彼らは実生活における問題を解決します。そして顧客を見つける過程において、彼らが拡張(スケール)することが出来るという事を証明しているのです。ここまで進歩しているブロックチェーンまたは暗号通貨企業は他にありません。この事はもちろん、私達の2019年とそれ以降のリップル(XRP)価格予想にとっても極めて重要なインプットです。

リップル(XRP)の2019年価格予測:暗号通貨の未開のポテンシャル

誰かがリップルの顧客やテクノロジーの使用について話すとき、ほとんどの場合でRippleNet(リップルネット)について話しています。これは銀行と銀行の間での問題解決サービスであり、クロスボーダーの支払いが一瞬で(従来の3~4日とは異なり)、とてつもなく安いコストで出来るというユニークな特性を持っています。Rippleのinsights cornerから引用すると、

RippleNetは6大陸にまたがって40以上の国で利用可能です。新しい支払いの通路が北アメリカ、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、そして南アフリカで切り開かれたのです。これは支払い人や中小企業が最も困っている市場において、より良い国際支払いサービスへの新しいアクセスを提供します。さらにはRippleNetの最も新しい通路は、去年1年間で合計して20億ドルの資金が流入する潜在市場を持つのです。

これは印象的なことです。上記は短い引用ですが、リップルがどれだけ速く成長しているか、そして彼らが利益をあげる可能性がどれだけあるのかを示す多くのデータが存在します。

リップルが現在持っている顧客(クライアント)の数と種類を挙げると、(Wikipediaから)

Rippleのクライアント(Wikipediaより)

Ripple社の他のプロダクトは、リップルのXRPトークンを活発に使うxRapidです。これはより一般的な問題解決サービスであり、どんな支払いサービス提供者や支払い処理業者でも使うことが出来ます。これを使えば、彼らは同じ国や海外のどんな受取人に対しても支払いを処理することが出来ます。

xRapidが持つポテンシャルは、最近発表されたリップルとFleetcorの提携から見て取ることが出来ます。アメリカの190億ドルの支払いサービス企業であるFleetcorは、今年初めにリップルのxRapidソフトウェアを試しているという発表をしました。Fleetcorは年間で何十億ドルもの額を処理し、数千もの顧客企業がサプライヤーや従業員に対して国際送金するのを手伝っています。

送金支払い市場のポテンシャルは大きいです。今日、送金は大きなビジネスになっています。年間のグローバルな支払い額は合計で6000億ドルにも達しようとしています。これらの支払いに関連する手数料は、年間で合計300億ドル近くになっています。とはいっても、世界銀行によればこれらの大部分は少額であり、それぞれ平均で500ドルです。

xRapidに関しては、このソリューションを実験している企業がどれだけ多いのかを示す公式データを見つけるのは難しいでしょう。これが重要な情報である理由は、xRapidが製品としてリリースされた時、その情報がポテンシャルを測りやすくしてくれるからです(現時点ではxRapidは少数のパートナーやクライアントと一緒に、概念実証としてβテストを行っている段階です)。

しかしながら、Rippleの現在のクライアントベースについての情報を提供するWebサイトが1つあります(rppl.info)。この情報のソースや正当性を確かめるのは極めて難しいですが、それでも全体的にはリップルが公式サイトで提供している情報と合致しているように見えます。「testing xRapid」の項目に特に注意を払ってください。このリストだけで既に感動的です。なぜならこれだけでも私達は簡単に、xRapidプロダクトが大きな成功を収め、速く成長していることを期待出来るからです。

さらに、まだポテンシャルはあります。RippleはXpringソリューションにも取り組んでいます。

Rippleでは、問題を解決したい企業家たちにとって完璧にするためにXRPを使い続けます。それらの問題は、アイデンティティ、トレード・ファイナンス、ゲーミング、バーチャルグッズ、起源、不動産、保険、デジタルメディア、そして他の多くの産業にまたがっています。Xpringの起業家たちや企業は、これらの(他にもありますが)使用事例のためにXRPにレバレッジをかけるでしょう。

a

非常に大きなポテンシャルがあります。そしてこれらの事実に基づくデータ全てに渡って重要な事は、リップルはどうやって価値を生み出すかを知っているということです。それはまさに、みじめに失敗する90%のスタートアップと、未来の成功企業を隔てるものです。

リップルは実生活の問題を解決することに才能がある企業であると言っても良いでしょう。

さらには、より一般的な話ですが、ファイナンスにおける最大の企業の数々が、この世界に入ってくる事についての一連の発表をしています。

  • ゴールドマン・サックスがデジタル資産のトレーディング・デスクを始める計画を発表
  • JPモルガンが「暗号資産戦略」のトップを任命
  • ナスダックのCEO、Adena Friedmanが暗号通貨取引所になることを検討と発言
  • Fidelityがデジタル資産の取引所を作っていると発言
  • 野村がデジタル資産のカストディ・サービスを提供する最初の金融機関に

これらは暗号通貨市場における非常に大きな、未開発のポテンシャルを示唆します。そして同様に、Rippleのポテンシャルもです。

なぜ私達の2019年のRipple(XRP)価格予想が極めて強気なのか

これまでこのリップル(XRP)2019年価格予測で議論してきた全ての事を考えると、XRPについての非常に強気な見方を正当化してくれる、3つの触媒と結びついた1つの根本的な原動力があると私達は信じることが出来ます。

Medium(ブログのプラットフォーム)で以下の図を貼ってくれたChris Smith氏に感謝の意を表します。この図がまさに私達が探していたものです。つまり、ネットワーク効果のことです!「正しい道」(黒い線)と落とし穴(緑の線)の違いに注意してください。

プラットフォームの成長VSネットワーク効果

ネットワーク効果の重要な点は、それがゆっくりと積み重なっていくという事です。しかし、非常に短期間の内にとても速く加速していくのです。

Rippleの成長過程との類似点は?今までに議論してきた全てのデータのポイントは、全体的にはフェーズ1に完璧に当てはまります(加速前)。しかしながらソリューション単位で見ると、RippleNetは加速フェースにいて、xRapidはまだ初期段階にいるようです(Xpringも同様)。

ここで非常に重要な意味を持つことは、Rippleはおそらく資金不足に陥っていないだろうという事です。彼ら自身が作り出した大量のXRPトークンが、おそらく彼らの成長のために資金を与える助けになるでしょう。彼らはまた、Googleのような企業からも資金提供を受けています。私達の解釈では、彼らは収益を生み出すことに急いでいないでしょう。もしそれが正しいとすると、彼らは上図の緑の線にいるという間違いをおかさないでしょう。黒い線の上に居続ける可能性が非常に高いです。注意:黒い線がネットワーク効果を達成するための正しい道です。

ネットワーク効果はRippleに作動中の、1つの根本的原動力です。しかし、私達の非常に強気なRipple(XRP)の2019年予想を裏付ける3つの基本的な触媒がさらにあるのです。

1.収束

Ripple社は最近、彼らの様々な技術ソリューションを時間とともに1つに収束させていくという計画を発表しました。彼らはまた、そこでXRPトークンが機能上の役割を果たすと言っています。このニュースはあまり注目されることはありませんでした。なぜなら、発表されたとき暗号通貨市場は下落している最中だったからです。しかし、これがInvestingHaven’sの1/99ルールによるところの1%の関連ニュースなのです。これは今年中に起こることは無いかもしれません。でも2019年が始まり、私達はこの事についてもっと聞くことになるでしょう。

2.機関マネーが主にRippleのXRPトークンに流入してくる

ナスダックと同様に、Bakktプラットフォームもまた機関に対して暗号通貨投資を提供することを考えてください。もしあなたが数百万ドルを持つ機関だとしたら、「ローリスク・ハイリターン」という観点から見てどの暗号通貨に投資しますか?そもそも、リップルは私達の知る限り、ここまで多くの立派な顧客を持っている唯一の暗号通貨企業です。あなたは資金をビットコインキャッシュにつぎ込みますか(それがもたらす付加価値は何でしょうか)?それかEOSでしょうか(典型的な中国の不透明性とともに)?それともテザー(彼らは何をしているのでしょうか)やライトコイン(設立者が去年全ての保有トークンを売却しましたが)?私達の予測では、重要な資金は最初にRipple(XRP)に流入し、それからビットコインやイーサリアム、ステラ・ルーメンといった流れになるでしょう。

3.リップルが空売りをすることは無い

ビットコインの大きな問題は、ビットコインの将来のためにその天文学的なリターンに今後の上限があることです。しかしながら、それでも資金は天文学的リターンを求めて空売りの無い暗号資産に流れてきます。私達はこれに関して、XRPトークンが最も良い位置に付けていると信じています。言い換えると、未来はビットコインの未来のポテンシャルを制限しますが、XRPが今誰も信じていないレベルにまで上昇するのを助けるのです!

これらの多くのデータセットや洞察と共に、そろそろ私達のRipple(XRP)2019年予想をしていきましょう!

2019年のRipple(XRP)価格予想: 20ドル

私達は自分たちの過去の分析を振り返り、1年前にXRPの0.26ドルが最も重要な価格ポイントであることを正しく予測した分析を見つけました。XRPは規則正しく同じ0.26ドルのレベルに今年8月終わり/9月初めに底をつけたのです。前回の強気相場からのブレイクアウト地点が今はサポートラインになりました。

これはRipple(XRP)の新しい強気相場の始まりを確かめています。ちなみに以下のチャートも同様にそれを確認しています。

XRPの長期チャートは完璧に上昇チャンネルを示しています。私達の予測では、XRPは少なくともあと1回以上はこのチャンネルのトップを付けるでしょう。2回さえあり得ます。今までに議論したポテンシャルがどれくらい実現するかによります。

もし、まあまず無いとは思いますが、私達の前述の仮定が全て実現すれば(機関マネーが主にRippleのXRPトークンに流入し、Rippleの技術ソリューションが収束してXRPを使い、Rippleの成長が収益を追い求めること無しにネットワーク効果に達するまで続く)、私達はXRPが今後数年でこのチャンネルのさらに高い側にまで達するのを見ることになるでしょう。

リップルを買うのにオススメな取引所ランキング

基本的なケースの予測としては、私達はXRPの長期上昇チャンネルの上部に1度タッチするのを見ることになるでしょう。これは価格の予測としては20ドルになります。そのため私達は2019年のXRP価格予想として、20ドルに自信を持っています。そしてこれを基本的なケースのシナリオであることを考慮してください(最も強気の予測は有料会員向けです)。

仮想通貨に全財産投資は危険すぎます

仮想通貨は相場の変動が激しく、買うタイミングを正確に測ることは不可能です。どんなに魅力的に見える銘柄であっても、失っても全く問題ない額以上のお金を仮想通貨に投資するのは危険です。それだけは絶対に止めましょう。あくまでも参考までに、当ブログ管理人は5年以上の長期目線で仮想通貨に投資を行っています。短期の相場急落により、とてつもない含み損を抱える可能性も高いのが仮想通貨だという事を肝に銘じています。

免責事項

当サイトに記載の情報は、投資を勧めるものでも投資のアドバイスでも一切ございません。仮想通貨への投資を含め、投資は専門家の指導の元、自己責任で行ってください。当サイトの情報を元にしての判断により行ったいかなる行動においても、その結果の責任は一切負いかねます。

人気の記事

マスターノードの不労所得で早期退職も? 1

仮想通貨に投資している方でマスターノードを検討しているなら、ぜひ知っておくべきコインがあります。それはAmbrosus(アンブロサス)というプロジェクトの仮想通貨トークンであるAMB(アンバー)という ...

仮想通貨と紙幣 2

目次1 提携企業1.1 AMB-NETのテストネットにミグロ関連のデータが大量に存在1.2 スイス建国記念日(8月1日)のスポンサーにアンブロサスとミグロ1.3 2019年に入ってからも、ミグロ主催の ...

XRP以外で投資するなら 3

2018年は暗号資産(仮想通貨)ホルダーにとっては中々厳しい1年でした。特に保有通貨についての情報収集をあまりしていない方々にとっては苦しい年だったのではないかと思います。 長い前置きは良いから早く本 ...

-アルトコイン情報局
-

Copyright© クリプトーーク! , 2019 All Rights Reserved.