取引所

XRP(リップル)を買うのに一番オススメな取引所ランキング

更新日:

リップル(XRP)を買いたいけどやり方がよく分からないよという方は、まずはこの記事を読みましょう。

2019年5月現在、リップル(XRP)を買うのに最もオススメな取引所はGMOコインbitbankです。以下でリップルを売買可能な取引所について詳しく紹介していきます。

リップル以外の仮想通貨を買うにも、まずは日本の取引所で口座開設

当サイトではXRP(リップル)の他、AMB(アンバー)やSWM(スウォーム)などの仮想通貨を紹介しています。リップルは日本の仮想通貨取引所に上場されていて日本円で売買可能ですが、AMBやSWMなどは海外取引所を使う必要があります。

いずれにしても、まずは日本の取引所で口座を開く必要があります。以下でオススメしている取引所のアカウントを開設しましょう。

ポイント

  • とにかく安心して、信頼できる取引所でリップルを安く購入したいならGMOコイン
  • リップルの売買に一番オススメなbitbank(ビットバンク)
  • リップルのレバレッジ取引ならDMMビットコイン
  • 海外取引所でリップルを買うならBinance(バイナンス)

GMOコインとbitbank(ビットバンク)では、リップル(XRP)を取引形式で(販売形式ではなく)現物取引する事が可能で、ガチホ目的の方にも最適な取引所です。どちらも円建ててリップルを売買できます。

取引所と販売所の違いは?

取引形式・・・取引板を見ながら、投資家同士で仮想通貨を売買する形式。上手く注文すれば安く買える。

販売形式・・・取引所と直接仮想通貨を売買する形式。価格は取引所(GMOコインなど)が決めたレート。簡単だけど割高

GMOコインは運営が大企業のため、セキュリティの面でもかなり安心感があると言えます。そのため「トレードを繰り返して資産を増やす」といった目的で取引所に預けっぱなしという方も安心でしょう。

以下で、日本でXRP(リップル)を購入できる取引所を詳しく紹介します。

1つの取引所がメンテナンス等の理由で急に使えなくなっても困らないように、基本は2か所以上の取引所で口座開設することです。どの取引所も口座開設手順はほぼ同じなので、まとめて済ませてしまいましょう。

XRP上場取引所オススメ1位!GMOコイン

まず仮想通貨初心者の方にオススメなのがこちらの取引所です。

GMOコインは東証一部上場企業であるGMOインターネットグループが運営しています。資本金は国内最大の約18億円です。

そんなGMOコインの大きな特徴は以下の通りです。

GMOコインの特徴

  • 金融事業で実績のある大企業、GMOグループが運営
  • 万全なセキュリティ
  • 取引所形式で手数料も無料のため、日本で一番リップル(XRP)をお得に購入可能
  • スマホアプリが素晴らしく、初心者でも仮想通貨FXが簡単にできる

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインのデメリット

GMOコインのデメリット

  • 取引規制が入ることがある

GMOコインのデメリットとしては、取引規制により売買が出来なくなる可能性です(詳しくはこちら)。

取引規制が起きるのは仮想通貨FXで不足金が発生した場合や、GMOコインによるリスク管理の一環として個別に行われることがあります。

このようなリスクに備えて、複数の取引所を使えるようにしておくのが重要です。

XRP上場取引所オススメ堂々2位!bitbank

bitbank(ビットバンク)では現在、リップルの購入手数料がマイナスになっています。つまり、取引所に手数料を支払うどころかもらえるという事です。詳細は以下をご覧ください。

また貸仮想通貨(レンディング)も可能なため、稼ぐ手段が豊富です。

セキュリティの高さも申し分なく、リップルを売買したいなら口座開設しておいて間違いない取引所です。

bitbankの特徴

  • マイナス手数料(板に並べた自分の注文が約定した場合、相手が払った手数料の一部を貰える)
  • セキュリティ国内No1
  • リップルの取引高で世界一になった実績
  • 仮想通貨を貸して稼げる(レンディング)
  • テクニカル分析のツールが豊富
  • アルトコインを重視している

bitbankは手数料最安でリップルを購入可能!

2019年5月現在、bitbankでは売買手数料が無料どころか、むしろもらえます。その条件は、取引のTaker(テイカー)ではなくMaker(メーカー)となること。つまり、板に並んだ注文を消費する側でなく、板を作る側になる事です。逆に、今すぐ売買するために板に並んだ注文を成り行きで成立させる(Takerになる)と、0.15%の手数料がかかります。その内0.05%がMakerに支払われます。

これを上手く使えば、bitbankが日本で一番リップルを安く購入出来る取引所になります。

bitbankのセキュリティ

bitbankでは、仮想通貨を保管するのに完全オフライン環境のコールドウォレットを使用しています。さらにマルチシグ(送金には複数人の署名が必要)も使用しているため、コインチェックやマウントゴックスなどで有名なハッキング被害にも強いと言えます。

もちろん仮想通貨の利便性を損なわないために、bitbankはインターネットに接続したホットウォレットも利用しています。ただし、ビットコインセキュリティ専門企業のBitGoと提携し、bitbankとBitGoの2社による電子署名を行って安全なサービスを提供可能としています。

2018年10月3日のICORatingによる調査では、bitbankのセキュリティは国内No1となっています。

bitbankはアルトコインが充実

リップルの取引高が世界一になった実績を持つbitbankは、それ以外のアルトコインも充実しています。上場銘柄はビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCC)の6種類。

この内、BCCでも取引高国内No1を達成しています。

さらに特徴的なのは、リップルを含む全ての銘柄を取引所形式で売買できるということ。例えばコインチェックでは、アルトコインはコインチェックと直接売買する販売所形式でしか売買できません。もちろんリップルもです。

販売所形式では手数料が割高になるため、取引所形式でリップルなどのアルトコインを売買できるbitbankは貴重な存在です。

bitbank(ビットバンク)の公式サイトはこちら

bitbankのデメリット

bitbankのデメリット

  • レバレッジ取引が出来ない

レバレッジ取引はGMOコインでも可能です。ですが、さらに稼ぐ選択肢を増やしたいのであれば、14種類もの通貨ペアでレバレッジ取引が可能DMMビットコインに登録しましょう。ただしDMMビットコインではリップルの現物取引は出来ません。

DMMビットコインの公式サイトはこちら

XRP上場取引所オススメ3位!Binance

最後にオススメするのは世界一の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)です。リップルの現物取引が可能な(つまり実際に自分のものとしてリップルを所有できる)日本の取引所は限られているため(GMOコインやbitbankは可能)、ここでは世界最大の取引所であるバイナンスを紹介します。

当サイトではXRP(リップル)以外にも、非常に有望なAMB(アンバー)やSWM(スウォーム)などのアルトコインを紹介しています。これらはリップルと違い日本の取引所には上場していないため、売買するには海外取引所を使う必要があります。

例えばAMBの場合、まずは日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入し、それをBinance(バイナンス)という世界最大の仮想通貨取引所に送金してAMBを買うという流れになります。

Binanceにはリップル(XRP)も上場しているため、日本の取引所に万が一の事があった時の保険として口座を持っておくのがオススメです。世界最大の取引所であるBinanceには、今後の爆発的な上昇が期待できるかもしれない草コインが数多く上場されています。アルトコインの数が少ない日本の取引所とは別世界です。

Binanceの公式サイトはこちら

Binanceのデメリット

  • 日本語非対応

Binance(バイナンス)は残念ながら日本語非対応です。とは言っても、GMOコインやbitbankなどで仮想通貨の売買や送金に慣れていれば全く問題なく使えます。

ちなみに現状は本人確認なしでも1日2BTCまで引き出し可能なので、ほとんど困ることはありません。本人確認は面倒でも行った方が良いのは確かですが(引き出し限度額も1日100BTCまで上がりますし)、余裕が出てきたら行えば大丈夫です。

まとめ

という事で2019年5月現在、XRP(リップル)の売買に最もオススメな取引所の紹介でした。セキュリティ面と手数料の低さから、リップルの売買に一番オススメなのはGMOコインとbitbank(ビットバンク)です

GMOコインの公式サイトはこちら

bitbank(ビットバンク)の公式サイトはこちら

今後手数料キャンペーンなどでお得な取引所が出てくるかもしれませんので、余裕があれば他の取引所口座も開設しておきましょう。

仮想通貨に全財産投資は危険すぎます

仮想通貨は相場の変動が激しく、買うタイミングを正確に測ることは不可能です。どんなに魅力的に見える銘柄であっても、失っても全く問題ない額以上のお金を仮想通貨に投資するのは危険です。それだけは絶対に止めましょう。あくまでも参考までに、当ブログ管理人は5年以上の長期目線で仮想通貨に投資を行っています。短期の相場急落により、とてつもない含み損を抱える可能性も高いのが仮想通貨だという事を肝に銘じています。

免責事項

当サイトに記載の情報は、投資を勧めるものでも投資のアドバイスでも一切ございません。仮想通貨への投資を含め、投資は専門家の指導の元、自己責任で行ってください。当サイトの情報を元にしての判断により行ったいかなる行動においても、その結果の責任は一切負いかねます。

人気の記事

マスターノードの不労所得で早期退職も? 1

仮想通貨に投資している方でマスターノードを検討しているなら、ぜひ知っておくべきコインがあります。それはAmbrosus(アンブロサス)というプロジェクトの仮想通貨トークンであるAMB(アンバー)という ...

仮想通貨と紙幣 2

目次1 提携企業1.1 AMB-NETのテストネットにミグロ関連のデータが大量に存在1.2 スイス建国記念日(8月1日)のスポンサーにアンブロサスとミグロ1.3 2019年に入ってからも、ミグロ主催の ...

XRP以外で投資するなら 3

2018年は暗号資産(仮想通貨)ホルダーにとっては中々厳しい1年でした。特に保有通貨についての情報収集をあまりしていない方々にとっては苦しい年だったのではないかと思います。 長い前置きは良いから早く本 ...

-取引所
-

Copyright© クリプトーーク! , 2019 All Rights Reserved.