仮想通貨 関連情報

ビットコイン(BTC)今後の価格予想全まとめ【2019年最新版】

更新日:

2019年以降のビットコイン(BTC)価格予想を全てまとめます

仮想通貨と紙幣

著名な投資家やアナリスト、世界有数の投資銀行の元チーフストラテジストなど、様々な有力者によるビットコイン(BTC)の価格が今後どうなっていくのか、その予想を全てまとめました。

2017年末ほどではないにせよ、令和になる前からビットコインの調子がとても良いですね。この記事を書いている5月7日、6000ドル目前まで来ています。

2017年でビットコイン(や仮想通貨全般)のブームは去り、バブルが弾けたんだから今から乗っかっても損するだけだという見方もあるかもしれません。

でも本当に価値があるのはビットコインの投機的側面ではなく、ブロックチェーンを土台にした技術です。テレビなどで大きく取り上げられていた2017年末には一般人もビットコインに興味を持っていたかもしれませんが、その興味は技術に対してではなく簡単にお金持ちになれた人(いわゆる億り人)がたくさん出てきたからに過ぎないでしょう。

こうしている今も世界全体でブロックチェーンの技術的研究やビジネスでの採用が進んでいて、本当に価値があるコインは大きく上昇していく事になるでしょう。それによって、また投機的側面での注目も高まり全体の相場が急上昇していく可能性もあるかもしれません。

ビットコインとは?

ビットコインについて良く知らない方のために、軽く説明しておきます。

ビットコインは2009年にナカモトサトシ(日本人とは限らない)という謎の人物によって作られたデジタル通貨です。仮想通貨の中で最も良く知られ、人気のあるもので、時価総額は仮想通貨の中で常にトップであり続けています。

ブロックチェーンという技術によって、第三者の仲介無しにピアツーピアでの取引を可能にした初めての通貨です。既に実際に使われていて、ビットコインでマンションを買ったり車を買ったりする人も出てきています。

管理をするためにはPCやスマホでデジタルウォレットを作成し、その鍵(数十桁の英数字の羅列)を安全に保管しなければなりません。

仮想通貨メディアCOIN SWITCHによる今後のビットコイン価格予想:2019年から2023年までのビットコイン価格は?

それでは早速さまざまなビットコイン価格予想を見ていきましょう。まずは海外仮想通貨メディアのCOIN SWITCH(コインスイッチ)によるBTCの価格予測です。

ビットコインが頻繁に価格変動を繰り返しているのに関係なく、コインスイッチはビットコイン価格が暴騰すると信じています。ビットコインの違法な目的での利用やハッキング、盗難などの災難が続いたことなど、ここまでビットコイン価格が下がってきた理由はいくつもあります。それでもマイナス面をプラス面が上回ってきたからこそ、ビットコインはいまだに仮想通貨市場のリーダーであり続けています。2019年はNASDAQ(ナスダック)のビットコイン先物の開始など、素晴らしい可能性や発展の年になるでしょうから、2019年末までにビットコイン価格は23,500ドルにも達するかもしれません。

コインスイッチのビットコイン価格予想

  • 2019年・・・23,499ドル
  • 2020年・・・33,788.5ドル
  • 2023年・・・50,044.6ドル

2019年のビットコイン(BTC)価格:ビットコインの価格は上がるか?

2019年はより多くの人たちがビットコインの裏側にあるテクノロジーを信じ始めるようになるため、ビットコインにとって強気な年になるでしょう。2019年中頃にはビットコイン価格は20,000ドルにも達する可能性があります。さらに言うと、ご存知の通りビットコインは循環枚数が不足していきます。つまり、ビットコインは全部で2100万枚しかマイニングされませんが、1700万枚がすでにマイニング済みです。そのためあと400万枚しか残っていないので、価値を上げることにつながります。また、アメリカ、日本、韓国のようにいくつもの国がビットコインや他の仮想通貨を金融システムに組み込むことに積極的で、より自由で安全になるように規制された市場を準備しています。

2019年末までに、ビットコイン価格は23,499ドルに達する可能性があります。これは2018年の弱気相場トレンドが終わり、強気トレンドに転換することを意味しています。

2020年のビットコイン価格予想

仮想通貨市場は2020年に楽観的市場を経験することになるでしょう。つまり、ビットコインだけでなく、全てのメジャーな仮想通貨もまた上昇トレンドにシフトするでしょう。政府や中央銀行がデジタル通貨を認め、それにより需要がさらに高まります。

最初の四半期にビットコイン価格は25,000ドルへの上昇を経験し、第三四半期には30,000ドルへ一気に上がっていくでしょう。2020年末には、ビットコイン価格は33788.5ドルにも達すると予測します。

今後5年のビットコイン価格予想

ビットコイン価格予測が示しているのは、ビットコインの価格は5年に渡る投資により、長期で678.833382%の上昇をしていくだろうという事です。

ビットコイン価格は2023年に50,000ドルにまで達するかもしれません。これにより、仮想通貨市場の時価総額は完全に新しい高値を更新することになるでしょう。予測と分析によれば、ビットコインは他の仮想通貨やアルトコインを全くよせつけず、ナンバーワンの座を守り続けます。

徐々にビットコインは価値の保存場所として認識されるようになり、また代替通貨としての地位を固めていくでしょう。

2023年までに、ビットコインはより多くの人達により頻繁に使われるようになっていきます。つまり、リアルタイムな使用が増え、それがビットコインをよりパワフルにしていきます。

以上がCOIN SWITCHによる今後のビットコインの価格予想です。実際にこのようになるかは全くもって不明ですので、これを読んで投資の参考にするのは危険です。ビットコインだけでなく他のアルトコインなども含めて具体的なファンダメンタルズを徹底的に調査し、納得のいくものに投資していくのがより安全だと思います。

仮想通貨メディアCryptoPotatoに掲載:ビットコインの価格は今後どうなる?2019年最新予想

次に紹介するのは2019年5月5日にアップデートされた、仮想通貨メディアのクリプトポテトに載っているビットコイン(BTC)価格予想です。

簡潔にまとめると以下の内容です。投資のアドバイスなどでは一切ありませんので、この記事に記載の情報を元にビットコインを売買するのは危険です。あくまでも一つの参考程度に捉えてください。

  • 最近のビットコインの価格動向や市場のファンダメンタルズが強く見えるのにも関わらず、多くの投資家がまだビットコインが弱気相場から抜け出した事に疑念を抱いている。
  • ビットコインを買うタイミングを測る参考として、今の弱気相場の終了を示しているかもしれないサインについて説明
  • 市場のタイミングを測るのはほぼ不可能なので、ドルコスト平均法が良いかもしれない

多くの投資熟練者は、市場が主に感情によって動いていることを知っています。個人がそれに抵抗するためには、テクニカル分析やチャートの基礎を知っていなければなりません。他にも市場心理についての理解が必要です。

ビットコインや仮想通貨全般に限った話ではありませんが、この事実は広く知られているにも関わらず多くの人が同じ罠にはまり、お金を失ったり投資機会を失ったりしています。

仮想通貨市場にうずまく今の感情が示すのは、大多数がまた新たな感情の罠にハマっているという事です。

2017年後半にビットコインが初めて10,000ドルから15,000ドルを付けたとき、ビットコインを急いで買った人たちが多くいました。今は最高値より80%以上も安い、3000ドルちょっとの範囲を動き回っています。それにも関わらず、人々はビットコインを買うことを今まで以上に躊躇しているようなのです。

これはもしかすると、2018年に私達が見てきたような市場崩壊の犠牲者の二の舞になりたくないといった理由であったり、多くの主流メディアが流してきた「ビットコインは終わった」とか「ビットコインはねずみ講だ」といった否定的な情報のせいかもしれません。

いずれにしても、ほとんどの投資家やトレーダーは間違った理由で一斉に市場から抜け出しているようです。もし一般人の感情が最高の投資指標であるならば、みんながお金持ちになっているはずですから。

クリプトポテトは、今が弱気市場の底であると言っているわけでも、ビットコインを買うベストタイミングだと言っているわけでもありません。もちろん2019年がビットコインにとって2017年の再来である等とも言いません。ですが、以下で語るのはビットコインの反転が来ていることを示しているかもしれないと私達が信じているサインについてです。

仮想通貨市場の心理:あなたはどの立場にあてはまるか?

クリプトポテトのライターの意見によると、今の仮想通貨トレーダー達は以下の5つのカテゴリーに分類されるそうです。

  1. いつも強気、もしくはガチホ組(感情的な理由で常に強気な人たち)
  2. いつも弱気な人たち(感情的な理由で常に弱気)
  3. デイトレーダー、スイングトレーダー
  4. トレンドに引きずられる人たち(イナゴ的に暴騰している銘柄に飛びついたり、その逆もしかり)
  5. テクニカル分析や市場のファンダメンタルズに注目している長期のトレーダー

もちろん常に正しい投資判断が出来ている人など存在しませんが、もし仮想通貨市場や他のどんな市場でも成功したいならば、5番目のカテゴリーにあなたは入っているべきでしょう。

最終的な結果がどうあれ、主流メディアや仮想通貨インフルエンサー、ソーシャルメディア上の見せかけの専門家たちによって流される感情的な意見に注目するのではなく、市場のファンダメンタルズに注意を払うのが常にベストなのです。

市場のサイクル:2014年と2018年のビットコインチャート比較

今までにクリプトポテトが何度も言ってきた事ですが、2018年-2019年の仮想通貨市場は2014年-2015年の市場とほぼ同様の動きをしています。

1年もの市場低迷の後、2015年にはゆっくりながらも着実な地盤の強化が進み、2016年のはじめにようやく強気相場に転換しました。

一般的には、より長期的なタイムラインでチャートが似ているほど、そのチャートパターンに注目する価値が出てきます(3日間だけチャートの形が似ていてもほとんど意味がありませんよね)。それは歴史が繰り返すのを示しているかもしれないからです。これはテクニカル分析の基本の一つです。

2019年にビットコインが新たな安値を付けずに済むかどうかは誰にも分かりません。2018年1月からというもの、ビットコインのチャートは滝のように落ちています。

2014年と2018年を比較するなら、4年ごとにサイクルが繰り返している事が確認できるはずです。そして2015年のチャートを見ると、その年にスマートマネーが流入し、ビットコインを買った事が分かります。2015年は市場の地盤強化と買い集めの年でした。

2016年はビットコインの歴史の中で、ベストな強気相場の一つが始まった年です。ビットコインのファンダメンタルズに関わるイベントが多くあった年です。つまり、(特にインドにおける)不安定な世界経済情勢、トランプの大統領選勝利、4年ごとのビットコイン半減期などです。ちなみに2020年半ばに次の半減期の訪れが予定されています。

ビットコインのテクニカル分析:ゴールデンクロスを探す

ここではテクニカル分析の兆候について話します。強気市場から弱気市場への転換を示すサインとして、最も強いものであると信じられているのがデッドクロスというものです。

デッドクロスが表れるのは、50日移動平均線が200日移動平均線と交わって下がっていく点です。

50日移動平均線とは、50日間の終値を結んで引いた線です。

その逆がゴールデンクロスです。つまり、50日移動平均線が200日移動平均線と交わってそれを超えていく点です。

デッドクロスは2018年4月頃に起きています。その時のビットコイン価格は10,000ドル前後でした。次にゴールデンクロスが起きる時まで、強気相場は待っているのです。CryptoPotatoライターの意見では、もし私達が今の市場サイクルの底を付けているなら、それは2019年の第三四半期に起きるかもしれません。しかしながら、推測に頼るのは危険です。テクニカルな証拠が表れるまで待ちましょう。

BTCチャートアップデート:2019年4月に起こったゴールデンクロス

上記の予測よりゴールデンクロスはずっと早く起きました。ビットコインの日次チャートを見れば、ゴールデンクロスが4月2週に起きているのが分かります。

これは強気相場のサインでしょう。ただし、2014年と2018年の比較が好きな人向けに言っておくと、2015年の強気相場の時は、本当のゴールデンクロスの前に偽のクロスが起こっていました。今の市場サイクルでもこれが繰り返されるのか、非常に興味深いですね。

ガチホ向けのビットコイン投資法:ドルコスト平均法(DCA)

ドルコスト平均法(Dollar Cost Average)は時間をかけて資産を集める方法です。簡単に言えば、まずビットコインを購入する合計額を決め、どれくらいの期間で購入を完了するかを決めます。例えば1年で12万円分購入すると決めたなら、1ヶ月ごとに1万円分のビットコインを購入していく、といったやり方です。もしくは5日ごと、2週間ごとといったように好みによって買い方を決めれば良いのです。

この方法は仮想通貨に対しても理想的です。ボラティリティ(価格の変動)を排除し、価格が下がっても平均購入価額を下げることが出来るからです。もちろん価格が上がれば嬉しいので、どちらにしてもハッピーでいられるのです。

CryptoPotatoによる分析、仮想通貨ニュース、トレーディングのコツをもっと知りたければ、テレグラムに参加するかニュースレターを購読しましょう。

ビットコインの今後の価格予想 - 業界人編

以下で様々な業界人やアナリストによるビットコイン(BTC)の今後の価格予想、予測を全てまとめました。答え合わせという意味を込めて、少し前の予想も載せています。

John McAfeeによるビットコインの今後の価格予想

日本でも有名なセキュリティソフト、マカフィーの設立者であるJohn McAfeeによるビットコインの価格予想です。彼は熱心なビットコインフォロワーとしての顔も持っていて、Twitterで2020年までに100万ドルに達すると予想しています。彼による2017年の予想は7000ドルを超えるというものでしたが、実際にビットコインはそれを大きく超えて高値を更新していきました。

BitpayのCCOによるビットコインの今後の価格予想

Bitpayの幹部の一人、Sonny Singh(ソニー・シン)によるビットコインの価格予想です。ビットコインのマキシマリストとして知られている彼は、ビットコインを「800ポンドのゴリラ」と呼んでいます。ちょっと意味がわからないので調べたところ、ゴリラの体重はオスでも150-180キロほど。800ポンドは約360キログラムなので、普通のゴリラの倍以上のサイズということですね。要は「ビットコインはとてつもなく大きなもの」という事を言っているわけですね。彼によれば2019年のサンクスギビング(11月の第四木曜日)までに、ビットコインの価格は15,000ドルから20,000ドルに達する可能性が高いとのことです。根拠として、仮想通貨ETFの可能性やスタートアップへのファンディングの流入を挙げています。

この予想に関するコインテレグラフの記事はこちら

JPモルガンの元戦略担当チーフによるビットコインの今後の価格予想

JPモルガンの元チーフエクイティストラテジストのTom Lee(トム・リー)によるビットコインの価格予想です。彼はFundstratの共同設立者でありリサーチのヘッドでもあります。彼は機関投資家がさらにビットコインを受け入れるようになり、ビットコインのユーザーベースが安定して増える事でBTCが成長すると信じています。彼はビットコイン先物に関しても楽観的で、機関投資が増えることでビットコイン先物が早く実現されるという見方を支持しています。彼と一緒にFundstratを設立したアナリストSam Doctor(サム・ドクター)は、2019年末までにBTCは少なくとも36,000ドル、最高で64,000ドルにもなる可能性があると予測しています。最低予想価格は20,000ドルです。またTom Leeは、もし45億にも登るVisaクレジットカード保有者の7%をビットコインのウォレットが取ることができれば、ビットコインの価格lは15万ドルにも達すると信じています。

仮想通貨アナリストによるビットコインの今後の価格予想

仮想通貨のアナリストとして知られるRonnie Moasによる今後のビットコインの価格予想です。彼はビットコインが2019年末までに28,000ドルに達するかもしれないと予測しています。2019年末までにビットコインのビジネスなどへの採用率がさらに上がり、それによる需要の高まりと供給枚数の減少により価格が上がるという予想です。ビットコインの供給量が無限ではなく限られている事を重視しているようです。

ヘッジファンド元チーフによるビットコインの今後の価格予想

Galaxy Digitalの設立者でありヘッジファンドの元チーフであるMike Novogratzが、エコノミスト誌主催のイベントでビットコインの価格について語りました。彼は2018年にビットコインは9000ドルには達しないとし、2019年の第1四半期頃に10,000ドルを超える可能性が高いとしました。もしこうなれば、BTCは最高値の20,000ドルを大幅に超えていくかもしれないと予想しています。

Fran Strajnarによるビットコインの今後の価格予想

Fran Strajnarはビットコインに関してとても強気な価格予想を出しています。彼はビットコインの価格が2020年1月までに200,000ドルに達するかもしれないと信じています。彼によれば、ビットコインの採用率は価格増加と正比例するそうです。ある意味当然ですが、採用率が上がるほど、価格も上がるということです。

香港の仮想通貨取引所、BTCCのCEOが予想するビットコインの今後の価格動向

香港初の仮想通貨取引所であるBTCCのCEO、Bobby Leeは以下のようにビットコインの価格を予想しています。彼は以前、ビットコインが100万ドルに達するまでは20年かかると言っていました。その考えは既に過去のものになっているようです。彼と、彼の兄弟でありライトコイン(LTC)を作った人物であるCharlie Leeは、極めて強気かつ弱気なビットコインの価格予想を発表しています。彼はビットコインが2019年1月に最低値を更新し、2500ドル以下になる可能性があるとしながらも、2020年後期から価格が上がり、2021年には333,000ドル、そして2023年には41,000ドルに下落するだろうと予測しています。彼は仮想通貨全体の時価総額が7超ドルに達し、金の時価総額を超えるのではないかと予想しています。

中国最大のビットコインOTCトレーダーの一人、Zhao Dongが予想する2021年までのビットコイン価格

中国で最も大口のビットコインOTC(Over The Counter)トレーダーの一人であり、仮想通貨インフルエンサーでもあるZhao Dongは、2021年までにビットコインが50,000ドルになるのではないかと予測しています。彼は今がビットコイン投資に最適なタイミングであると信じていて、3年ほどで100%から200%のリターンが得られる可能性が高いと思っています。

Morgan Creekの設立者、ポンピラーノによる今後のビットコイン価格予測

最近のツイートで、モルガンクリークの設立者であるアンソニー・ポンピラーノは言っています。「ビットコインはどこかに行ってしまった訳ではない」。BTCの価格は3000ドル程まで下がるかもしれないが、その後2019年から強気相場に転じるだろう。彼がはっきりと言っているのは、価格下落であわてる必要は無いという事です。理由はビットコインのファンダメンタルズはむしろ強くなっているからです。

BitMexのCEOが予想する今後のビットコイン価格

仮想通貨デリバティブ取引所のBitMexのCEO、Arthur Hayesによる予想です。彼は他の仮想通貨熱狂者たちとは異なり、とても弱気な予想をしています。彼は市場の急変によって以前の予想から意見を変えました。彼は年末までにビットコイン価格が50,000ドルになると予想していましたが、今はビットコインが3,000ドルまで下がり、2019年はずっと弱気相場になるだろうと予想しています。と言ってもBitMexはレバレッジ最大100倍の、世界中の仮想通貨トレーダーに人気の取引所です。弱気相場でも手数料により利益が出せるでしょうから、ビットコイン価格の予想には彼らの立場も関係していることを考慮する必要があります。

仮想通貨スタートアップCivic(シビック)のCEOが語る、今後のビットコインの価格予測

Vinny Linghamは仮想通貨スタートアップCivicのCEOです。彼はビットコイン相場が回復するまでに、さらに悪い状況の市場を経験することになるだろうと予想しています。彼によれば、ビットコインが安定的に回復していくまでに、一度は3000ドル以下をつけるだろうとのことです。

まとめ:ビットコインの価格は今後どうなる?

色々な業界人がビットコインの価格を予想しています。長期でみれば上昇していくと考えている人が多いようですが、短期的には下落するかもしれないといった見方も多いようですね。

ビットコインの価格を予想するのは非常に難しく、もし投資するにしても失っても平気な額だけにするのが鉄則です。

また投資、投機といった側面だけでなく、世の中を便利にする技術として見ればこんなに面白いものはなかなかありませんよね。ビットコインに限らず、ブロックチェーンや仮想通貨の今後の発展に期待しましょう。

仮想通貨に全財産投資は危険すぎます

仮想通貨は相場の変動が激しく、買うタイミングを正確に測ることは不可能です。どんなに魅力的に見える銘柄であっても、失っても全く問題ない額以上のお金を仮想通貨に投資するのは危険です。それだけは絶対に止めましょう。あくまでも参考までに、当ブログ管理人は5年以上の長期目線で仮想通貨に投資を行っています。短期の相場急落により、とてつもない含み損を抱える可能性も高いのが仮想通貨だという事を肝に銘じています。

免責事項

当サイトに記載の情報は、投資を勧めるものでも投資のアドバイスでも一切ございません。仮想通貨への投資を含め、投資は専門家の指導の元、自己責任で行ってください。当サイトの情報を元にしての判断により行ったいかなる行動においても、その結果の責任は一切負いかねます。

人気の記事

マスターノードの不労所得で早期退職も? 1

仮想通貨に投資している方でマスターノードを検討しているなら、ぜひ知っておくべきコインがあります。それはAmbrosus(アンブロサス)というプロジェクトの仮想通貨トークンであるAMB(アンバー)という ...

仮想通貨と紙幣 2

目次1 提携企業1.1 AMB-NETのテストネットにミグロ関連のデータが大量に存在1.2 スイス建国記念日(8月1日)のスポンサーにアンブロサスとミグロ1.3 2019年に入ってからも、ミグロ主催の ...

XRP以外で投資するなら 3

2018年は暗号資産(仮想通貨)ホルダーにとっては中々厳しい1年でした。特に保有通貨についての情報収集をあまりしていない方々にとっては苦しい年だったのではないかと思います。 長い前置きは良いから早く本 ...

-仮想通貨 関連情報

Copyright© クリプトーーク! , 2019 All Rights Reserved.