予測

2019年にリップルXRP以外に分散投資するなら?共通点と予想

更新日:

2019年になりましたね。 2018年は暗号資産(仮想通貨)ホルダーにとっては中々厳しい1年でした。特に保有通貨についての情報収集をあまりしていない方々にとっては苦しい年だったのではないかと思います。

ですが、本当にそのプロジェクトの未来を信じることが出来ているなら、相場が下がってもそこまで精神的な負担が大きくないということも確認出来た1年だったのではないでしょうか。

TwitterなどのSNSを見ていると、特にXRPを握っている人(リップラー)たちの信念の強さを感じることが出来ます。それほどRippleについて調べ、大きな可能性を見出してきたということでしょう。

2017年頃からICOブームが起きて、非常に多くの(数千もの)暗号資産が生まれました。それからしばらく経って2018年が終わった今、半分以上のプロジェクトが資金ショートなどの理由からすでに失敗しているという話も聞きます。ICOで集めたETHなどをある程度の割合でドルなどのフィアットに引き出していれば良かったのに、相場を見誤って集めた資金の運用に失敗した例も多くあるでしょう。

あなたが一度購入したことがある通貨の中にも、もしかしたらそのような状況に陥っているものがあるかもしれません。

この記事を読んでいるリップラーの方の中にも、せっかくRippleの将来性について教えてあげた知人・家族・友人が価格の下落に耐えきれなくて売ってしまったという経験を持っている方がいるのではないでしょうか。

でもあなたは売っていませんよね。なぜならしっかりと自分でRippleについて調べ、1次情報にあたり、テレグラムやSNSでコミュニティと関わることによって理解が深まっているからです。

それほど投資には情報収集が大事で、それをしない投資で儲かった人というのは単に運が良かったというだけでしょう。それではただのギャンブルですよね。

リップラーのあなたは違うはずです。もちろん未来が100%分かることは無い以上、投資に絶対はありません。ですが情報収集をしっかりすることによって、失敗しない確率を下げることは必ず出来ます。すみません、そもそも生粋のリップラーの方には説明不要でしたね。

さて、星の数ほどある暗号資産の中からXRPにたどり着いたあなたは、他にどんな暗号資産を持っているでしょうか?XRPと同じく時価総額の高いBTCやETHですか?通の方はREQやDNT、ADKなども持っているかもしれませんね。

私の印象では、XRPにオールイン!他には興味ありません!という方も多いように感じます。SNSを見る限りですが。

もちろん投資先は自己責任であり、他人がとやかく言うべきことではないと思います。ですが、投資を続ける以上情報収集はとても重要ですよね。買うか買わないかは個人の自由ですが、役に立つ情報は仕入れておいて損はありません

私もあなたと同様、Rippleは非常に大きな可能性を持っていると思っています。そしてプロジェクトとして確実に歩みを進めていて(それも驚くほど早く)、それが価格に反映されるまでは時間が必要ということも分かっています(もちろん、いつ急にとてつもない発表がなされて価格が暴騰するとも限らないということも)。

しかし同時に、数千もある暗号資産プロジェクトの中で、将来に期待が出来るものがXRPだけでないこともご理解されていることと思います。

問題は、どれが有望なものか調べる時間が無いということでしょう。しかも将来有望だと確実視しているXRPを既にお持ちなのですから、調べる意欲がまず湧きませんよね。

そんなあなたのために、今回わたし羊がXRPと多くの共通点を持つ(プロジェクト内容的に、という意味ではないです)暗号資産について詳しく説明させて頂きます。

どの銘柄かを書く前に、まずどういった点で共通点を持つのかを先に書きます。

XRPが必ず成功すると確信しているあなたは、どのようにしてその結論にたどり着いたのでしょうか。思い出してみて下さい。Rippleについて知れば知るほど、これは世界を動かす重要な仕組みを根本から置き換え、世の中に圧倒的なインパクトを与えるだろうと思ったのではないでしょうか。この感覚こそ、長く1つのプロジェクトに投資し、コミュニティを盛り上げ、プロジェクトを支え、最終的に投資に勝つ上で重要です。

そういった意味で、XRPに投資する事と非常に近い感覚になれる理由、その共通点はこちらです。

  • 世界に大きなインパクトを与えるプロジェクトである
  • 51%攻撃を受ける可能性が非常に低い(ほぼ0に近い)
  • 盤石の技術
  • プロジェクトの進行速度が非常に速い
  • 信用度が高い
  • 通貨の価値に曖昧さが無い
  • 相場に一喜一憂しないコミュニティ
  • 2019年に最も期待出来る暗号資産の1つである

いかがでしょうか。これをご覧になって、ピンときた方のみ読み進めて頂ければと思います。個人的には、ただ儲かるからという理由で投資するのではなく、世の中を大きく変え、人のためになる技術に対して投資しているんだという気持ちを持って欲しいと思っています。

砂時計

さて、投資を続ける以上、情報収集はとても重要であると言いました。上記の共通点を読んでピンときた方のみ読み進めて頂きたいとも言いました。

ここでまだページを離れていないあなたは、投資家として非常に重要な才能を持っていらっしゃいます。それは、どれだけ自分が信じて保有している銘柄があったとしても、常に新しい情報にも目を向け、1つの事にとらわれずに、盲目にならずにいられる能力です。

それでは、具体的に見ていきましょう。あ、その前に大事なことを忘れていました。まだ何の銘柄か言っていませんでしたね。XRPと非常に多くの共通点を持つ銘柄、それはAMB(アンバー)です。Ambrosus(アンブロサス)というプロジェクトに使われているコインです。

世界に大きなインパクトを与えるプロジェクトである

まずはAmbrosusについて簡単に説明したいのですが、その前にトレーサビリティという言葉をご存知でしょうか?日本語にすると「追跡可能性」になります。もっと具体的に言うと、「生産されてから消費者に届くまでの商品の移動、状態を全て把握出来ること」といった感じでしょうか。

品質、安全性の保証(生活に革命を起こす)

このトレーサビリティという言葉の意味が伝えてくれるのは、それには私たちが普段使っているティッシュやタオルなどの日用品から、毎日食べているパンや米、肉などの食料品、薬局で購入する胃腸薬や目薬などの薬品、車や飛行機(の部品も含めて)まで、身の回りにある全てのものが関わっているということです。

私たちの生活に欠かせない基盤である金融システムを置き換えようとしているRippleですが、トレーサビリティのシステムに革命を起こすということは、商品の品質や命に関わる安全性を保証すること、すなわち私たちの生活を根本的に変えるインパクトを持っているということです。

トレーサビリティを最先端のブロックチェーンとIoT(モノのインターネット)技術によって変革し、世界では多くの死者を出している食品・薬品詐欺を無くし、質の高い安全な食品、薬品、その他あらゆる商品を私たち消費者が自主的に選ぶことが出来る世界を実現します。

持続可能なスマートシティの基盤

AMB-NETブロックチェーンを動力源とするスマートシティ

それだけではなく、Ambrosusは環境問題、持続可能な社会実現に向けた1つの解決策を提示してくれています。今までのセンサーといえば、物体の外部情報の検知、すなわち温度や湿度、衝撃、圧力といった情報の検知が主でした。しかし、Ambrosusが自社で開発しているIoTセンサーは、史上初めてDNA、酵素、pHといった内部情報の検知まで可能にするのです。

インダストリー4.0(第四次産業革命)の時代に突入している今の世界において、IoTセンサーの開発力というのは競争優位として非常に大きな意味を持つでしょう。

これから冷蔵庫やエアコン等の家電や車などがインターネットに全て繋がっていくIoT(モノのインターネット)技術が身の回りに溢れた時代になっていく訳ですが、環境面においても持続的な都市開発、人々の都市における生活の向上を実現するのがIoT技術を基盤としたスマートシティの目標です。AmbrosusのIoTセンサーは、都市における空気の質、水質、資源の浪費なども検知します。これからの都市の発展において、不可欠なシステムとなっていくでしょう。

Ambrosusは消費者が購入する食品、薬品をはじめとする商品だけでなく、ある意味で水や空気、資源のトレーサビリティまで可能にすると言えます。

51%攻撃を受ける可能性が非常に低い(ほぼ0に近い)

つい先日(2019年1月8日)、イーサリアムクラシック(ETC)のブロックチェーンを不正に書き換える51%攻撃が発生し、損失額が110万ドル(約1億2000万円)に及んだというニュースがありました(詳しくはこちら)。

ご存知の通りPoW(プルーフ・オブ・ワーク)では、マイニングに参加するマシンパワー(ハッシュパワー)のうち過半数を確保してしまえばネットワークを支配することが出来てしまいます。

この点において、XRPは安全ですよね。これもご存知の通りXRP台帳ではPoC(プルーフ・オブ・コンセンサス)と呼ばれる仕組みを採用していて、信用出来る金融機関などから選ばれたバリデーター(承認者)のみが取引の承認を行うことが出来るという点で、誰でもそれを行えるビットコイン等の仕組み(PoW)とは全く異なるからです。さらにバリデーターの内の80%が同意した取引のみが記録されていきます。

これを中央集権的だと非難する声もありますが、重要なのは実行可能性であり、社会の基盤となるシステムとして実際に実現出来るかどうかということです。そういう意味で、リップルのPoCは、安全性と性能において非常にバランスの良い仕組みです。

ではAMBの場合はどうでしょうか。実はAMBのコンセンサス・アルゴリズムはリップルのPoCと同様の安全性を持っています。取引量が多くなると処理スピードが激減する、いわゆるスケーラビリティ問題についても、独自の「バンドル化」という手法で解決しています。

リップルでは信頼出来る金融機関などから選ばれたバリデーターが取引の承認を行うのでしたね。Ambrosusでも同じように、事前にKYC(身元確認)を通過した者だけが取引承認を行うことが出来ます。こちらは一般にPoA(プルーフ・オブ・オーソリティ)と呼ばれています。

AMBのブロックチェーン(AMB-NET)の土台を支えるノード(マスターノードと言います)には3種類あり、ノードを運営するにはそれぞれの役割に応じた枚数のAMBをステークしなければなりません。この部分はいわゆるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)と同じです。PoAはPoSの拡張版とも言えるもので、一定枚数以上のAMBが必要であることによってブロックチェーンへの攻撃者に金銭的なリスクを負わせること(PoS)に加え、最も重要な役割である取引(ブロック)の承認作業を限られた主体にしか認めないことでネットワークを安全にしています。

3種類のノードと役割、必要なAMBの枚数については以下の通りです。

アポロ 250,000 AMB 取引の承認、スマートコントラクトの実行
ヘルメス 0 AMB または 150,000 AMB バンドル(トレーサビリティデータのかたまり)の生成とAMB-NETへの送信
アトラス 10,000 AMB, 30,000 AMB, 75,000 AMB バンドルの保存

詳しい説明は省きますが、リップルで言うところのバリデーターに当たるものがアポロです。アポロを運営するには25万枚以上ものAMBをステークする事に加えて、KYC(身元確認)、SLA(サービスレベル合意書)にサインする必要があるなど、悪意を持ってAMB-NETを攻撃するには余りあるリスクを負わなければなりません。

ちなみに単純なPoSでは、誰でも一定枚数以上のコインを保有しているだけそのコインが少しだけ貰えますが、AMB-NETではアトラスのマスターノード運営者として、主に企業が運営するヘルメスから送信されるバンドルデータを保存するという役割があります。前者はまさに証券の配当そのものであり、今後SEC(米証券取引委員会)の規制に悪影響を受ける可能性があります。一方AMB-NETでは、「バンドルデータの保存」というサービスを提供した対価をもらうという形ですので、配当とは全く性質の異なるものです。

盤石の技術

最先端のテクノロジーが可能にする新しい世界

Rippleの技術力については最早説明は不要ですね。2019年1月11日現在すでに200社以上との提携を発表しているRippleは、それだけで利用するに値する確かな技術を持っていると言えます。

Ripple社は国際送金における問題をブロックチェーンで解決しようとしているパイオニアであり、xRapid、xCurrent、xViaといったプロダクトを開発しています。問題解決のためにいち早く動いた先駆者という訳ですね。XRPの時価総額の大きさからも、確かな技術力を持つRipple、そしてRippleネットワークの触媒であるXRPへの期待の高さが分かります。

一方Ambrosusの技術力はどうでしょうか。先程説明したAMB-NETのインセンティブの仕組み(マスターノードの役割など)を設計したのは、ブロックチェーン、分散コンピューティングの世界でとても有名なRoger Wattenhofer(ロジャー)博士です。Amazonの読み放題サービス(Kindle Unlimited)でも読める「The Science of the Blockchain」(ブロックチェーンの科学)の著者でもあります。

Ambrosusの技術チームは大きく分けて2つに分かれており、一方はIoTセンサー開発チーム、もう一方はAMB-NETブロックチェーン開発チームです。

前者はイノベーションラボという自社の研究所を所有しており、食品世界最大手ネスレでプロジェクトリーダーを務めていた実績を持ち、食品科学の分野で20年以上の経験を持つStefan Meyer(ステファン・メイヤー)博士がリーダーです。彼はAmbrosusのCTO(最高技術責任者)でもあります。

後者はIoTのWeb拡張であるWoT(ウェブのインターネット)の祖であるVlad Trifa(ブラッド・トリファ)博士がチームリーダーです。AmbrosusのCPO(最高製品責任者)です。

この2人は日本ではあまり馴染みが無いかもしれませんが、それぞれの分野で非常に素晴らしい実績を持っており、著名な博士です。もちろん、それ以外のチームメンバーも素晴らしい才能を持った人材が集まっていて、チームの規模は大きくなる一方です。

プロジェクトの進行速度が非常に速い

加速する開発スピード

2018年からXRPに投資し初めた人にとっては、なかなか実感しづらい事かもしれません。2017年以前から持っている人はより強く体感している事かと思います。どうしてもチャートの値動きとプロジェクトの進行というのは必ずしも連動するとは限らないからですね。

ですが考えてみてください。2018年9月に100社以上と提携している事を発表したRippleですが、2019年1月9日の段階で200社ですよ。リップラーの方にわざわざ言うのも恐縮ですが、これってとんでもなくすごいですよね。もちろん9月の段階ですでに200社に近かったのでしょうが(実際に10月頃そのように発表していたかと思います)、それにしたってすごいです。200社まで規模が拡大してこれからも増えることを考えると、参加していない銀行の不便さ、デメリットが際立ってきますよね。今後あっという間に広がっていくかもしれません。期待して待ちましょう。

さて一方のAmbrosusです。こちらもプロジェクトの進行速度で言うと、まさに電光石火、疾風迅雷といった感じです。あのユピーでも手も足も出ない速さです(分からない方すみません)。2017年の発足時にはたったの7-8人ほどからスタートしたプロジェクトですが、現在60名を超えていてスタートアップ企業として異例の速度で商品開発が行われています。

2018年にはAMB-NETブロックチェーン(メインネット)のローンチ、ブルボンバニラの輸出企業として世界最大の内の1つであるPremium Goods、辛ラメーンで有名な韓国の食品大企業・農心の子会社NDS(農心データシステム)、2022年ワールドカップのために解体されたスタジアムをイタリアからカタールに運んだこともあるヨーロッパの海運大手、VaramarのオーナーがCEOを務めるShipNextのSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)に関する提携を含む、6社の民間企業との提携を発表しました。

さらに2018年12月のニュースレターにより、さらに30社以上と既に提携している事も示唆されています。時期が来れば発表されていくでしょう。

2017年10月にTGE(AmbrosusではICOではなくTGE、トークン・ジェネレーション・イベントと呼んでいます)を行い、たった1年ですでに大企業とのPoCを含め、企業に販売出来るブロックチェーン・IoTプラットフォーム製品を開発したという事です。

次の項目で説明しますが、Ambrosusは民間企業以外にも様々な政府系機関、組織とも提携しています。

信用度が高い

投資において重要な信頼性

この項目についてもRippleは言わずもがなでしょう。最初に言ったとおり、この記事はリップラーの方を主に対象としていますから、既に信用しているからこそ投資している訳ですし、なぜ信用したのかを考えればはっきりしますね。

最も「信用」という言葉がふさわしい金融機関が200社近くも既に提携している訳ですから、ビジネスとして信用出来るのは当然ですね。

Ambrosusに関しても、自ら「我々は信用出来る!だから信用してくれ!」と言っているだけなんて事はもちろんありません。

日本人である我々にとって最も分かりやすいのは国連との提携でしょう。One Planet Networkという持続可能な社会を実現するための国連プログラムに参加しています。One Planet Networkの2018年12月のニュースレターでAmbrosusが特集されています。このプログラムには他にも、欧州委員会(EC)の環境総局、ドイツ連邦環境省、国際貿易センターなどの世界で最も大きな影響力を持つ機関、組織が多く参加しています。AmbrosusのCEOであるAngel Versetti(エンジェル・ベルセティ)は、元々国連でプロジェクトリーダー等を務めていた経歴を持っています。

Ambrosusは元々スイス発のプロジェクトですので、スイスの政府系食品研究機関であるスイス・フード・リサーチ、それ以外にもスイス・コーヒー・アライアンス等の機関とも戦略的提携を結んでいます。

信用という意味ではチームメンバーだけでも充分だったかもしれません。ですがこのような組織と協力出来る立場にある事を知ることで、Rippleと同様に信用出来る事を分かってもらえたのではないでしょうか。

通貨の価値に曖昧さが無い

明確なクリプトエコノミクスによる通貨の価格形成

これは暗号資産(仮想通貨)に投資する上では非常に重要ですよね。ICOブームに乗っかって、これってブロックチェーンの意味あるの?といったプロジェクトや、どこまで使われればどれだけ値上がるのか?といった事が全く予想出来ないものもたくさんあります。

その点、XRPは安心ですね。通貨の発行量に上限が定められていて(1000億枚)、提携銀行が増えるほど送金手数料として使われるXRPが増えて、そのXRPが消滅することで枚数が減り、1枚あたりの価格が上がる。明快です。

AMBに関しても非常に明快です。最初に説明したマスターノード(アトラス)の収益率が高ければ、一般の人たちがみんなAMBを1万枚以上集めてマスターノードに参加することになります。その過程でAMB価格が上がります。ただし、毎年2%新規のAMBが発行される仕組みです。それらのAMBは、取引承認を行うアポロが報酬として得ることになります。しかしながら、アポロはステークした枚数に比例した割合で新規発行AMBを受け取ることと、新規発行枚数が毎年2%と決まっていることから価格への影響は限定的です。

企業がバンドルとしてまとめたデータを(ヘルメス・マスターノードを通じて)ブロックチェーンに送信し、その際に1バンドル12ドルをデータ保存料金として(企業が)支払い、それをアポロ、アトラス間で山分けします。

今後Ambrosusは最先端のIoTセンサーを販売するビジネスも並行して行い、IoTセンサーを購入するスタートアップ企業などがAMB-NET上でSTOを行って資金調達をする流れになっていきます。その際、ブロックチェーンを使わないビジネスであったとしても、STOで調達した資金プールの一部をエアドロップとしてマスターノードに配られます。つまり、ただAMBの価格上昇を待つのではなく、マスターノードを運営することによって定期収入が得られるということになります。

マスターノードの収益率(ROI)はもうすぐブロックチェーン・エクスプローラーがリリースされれば明らかになっていくでしょう。マスターノードの収益モデル(トークンエコノミー、クリプトエコノミクス)が明確であること=AMBの価値の決まり方も予測が出来るということです。

相場に一喜一憂しないコミュニティ

健全なコミュニティによるサポート

これは暗号資産のプロジェクトに関して非常に重要なポイントの一つですね。

最初にも言いましたが、XRPホルダーの方々、もといリップラーの方々は非常に握力が強く、2018年の悲惨な相場をものともしませんでした。

もちろん、中には売ってしまった方や暗号資産そのものへの投資から完全に引退してしまった方もいらっしゃるでしょう。ですが、今の時点で残っている方々は、かなり深くまで自分で調べ、勉強し、信念を持って投資している方々ですよね。

プロジェクトを支えるコミュニティの存在は非常に重要です。それが大きく強ければ強いほど、提携企業を増やす上でも説得力を持ちます。リップラーのあなたは、XRPを握っているだけでRippleというプロジェクトに貢献し、力を与えているということです。去年の相場に耐えてプロジェクトを信じ続けられるという事は、それだけそのプロジェクトが素晴らしいということを理解しているからだと思います。

Ambrosusも同様です。TGE(いわゆるICO)時点の価格は30セントでしたが、現時点では7セント前後にまで落ちています。それにも関わらず自律的なコミュニティが機能し、多くのサポーターが全世界に存在しています(ヨーロッパ、アメリカが比較的多い印象です)。

Ambrosusのチームが年末年始も休まず働くほどワーカホリックであることや、今まで発表されてきたロードマップの金字塔を常に達成してきたことを知っているからというのも大きいです。

しかしなにより、Ambrosusがこれから迎えるインダストリー4.0の時代において、世界中のスマートシティの基盤になること、そして食品詐欺やサプライチェーンにおける不正を無くすことで世界を変えるほどのインパクトを持っているプロジェクトだという事を信じているからでしょう。

世の中に与えるインパクト、そしてそれを実現する実行能力を持つプロジェクトを支えているという点において、RippleのコミュニティとAmbrosusのコミュニティは非常に似ていると感じます。

2019年に最も期待出来る暗号資産の1つである

相当長くなってしまいました。ここまで読んで頂きありがとうございます。

内容について、もしかしたら納得頂けた部分もあれば、いやいやRippleの方がすごい!といった感想をお持ちになった部分もあったかもしれません。

改めて振り返ると、リップラーとしての握力も強くなった気がしませんか?元々こんな相場では手放す気なんてさらさら無いよ、という声が聞こえてきそうですが。

さて、技術開発が進んだ代わりに暗号資産ホルダーとしては苦しかった2018年も終わり、今年はブロックチェーンを利用したプロダクトが徐々に頭角を現してくる年になると思います。コインの淘汰が進む年になりそうですね。

XRPは時価総額でナンバーワンになるかもしれません。

AMBはもうすぐマスターノードの運営が始まり、暗号資産全体の相場ではなくマスターノードのROIベースの価格推移に切り替わるでしょう。フィアット通貨での売買も可能になる予定ですので、BTCの価格に振り回されることがほとんど無くなります。

ビジネスとしても多くの企業との提携発表が期待される年ですね。2019年はリップラーのあなたにとって、良い1年になりそうです。

-予測
-

Copyright© クリプトーーク! , 2019 All Rights Reserved.