セキュリティトークンオファリング(STO)- ICOの新しいカタチ

セキュリティトークンオファリングって何?

ICO(イニシャルコインオファリング)では、発行されるトークンが発行企業によるクラウドファンディングとして成り立っていることが典型的です。STO(セキュリティトークンオファリング)は、この点において大きな改善をもたらすでしょう。ICOと違ってSTOは本物の有価証券となり、あなたが購入したトークンは資産や利益、発行企業の利益によって保証されます。

2018年の半ばから2019年にかけて、私達は莫大な数のSTOを見ることになるでしょう。理由は単純です。潜在投資家にとっての確実性が増すことと、それによって詐欺の可能性が減ることです。STOが伝統的な金融セクターとブロックチェーンをつなぐブリッジになると考えるのは自然なことです。その両側から恩恵を受けるのですから。

ICOとSTOの違い

ICOは仮想通貨(暗号通貨)プロジェクトにおいて人気のクラウドファンディング手法です。このプロセスを通じて、現在ブロックチェーン上では機能していないが確立したプロジェクトを持っている企業や、ブロックチェーンを使って革新的なコンセプトを生み出そうとしている企業が投資家に対してデジタルトークンを渡します。いわゆるユーティリティトークンにおいては、そのトークンは発行企業の商品・サービスへ将来アクセスする権利を約束します。

それとは対照的に、セキュリティトークンはIPO(新規株式公開)と似た性質を持っています。IPOは会社が初めて株式市場に参入し、一般に向けて株式を発行するプロセスのことです。会社がIPOを実行したい理由は様々ですが、最も重要なのは増資するためです。すなわち会社の成長のために追加の金銭的リソースを得ることです。

上述の通り、ICOとSTOの主な違いは、セキュリティトークンは資産として評価出来るもの、つまり会社の資産や利益、売上を基にしたものであるということにあります。

セキュリティトークンの利点

セキュリティトークンを発行する主な利点の1つは、それらが規制の枠組みによって管理されることです。そのためSEC(アメリカ証券取引委員会)のような関係当局がセキュリティトークンに対して疑念を抱く可能性は低いでしょう。

証券に関する法律はほとんどの国できちんと制定されています。セキュリティトークンはそれらの定着した法律の枠組み、仕組みを受け継ぐため、購入者の権利を守るでしょう。それは不利な状況から守られるということでもあります。

バイナンスの設立者も、上手く機能している証券から受け継ぐセキュリティトークンの利点について同じ見解を示しています。彼によれば、ICOは自分のビジネスを運営するための優れた機会だということです。そしてもしIPOとして働く証券の機能がそれに加われば、STOは投資家から預かった資金を守りつつ会社が資金を得るための正しい手段になり得るとのことです。

結論

より分散化されていく世界において、STOは新しいビジネスモデルの進み方から生まれた論理的な結果でしょう。この観点からすると、投資家により優れたセキュリティを提供するSTOは不可欠と言えるでしょう。また様々な分野のリーダーたちが徐々に認識し、賛同し始めていることは、ICOはSTOに形を変えていくべきだということです。この形でのデジタルトークンの提供の方が、始めからより弾力性があり、全ての規制的な基準に収まるでしょう。

gainer著(2018年5月29日)

翻訳 from
Security Token Offering – a new form of ICO

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする