仮想通貨SWMの全てが分かる!特徴・買い方などまとめ


このページは随時情報を追加・更新していきます。

仮想通貨SWMの概要

仮想通貨(暗号通貨)SWMは、Swarm(スウォーム)というブロックチェーンプロジェクトの各プラットフォームで使われるユーティリティトークンです。このプロジェクトは非営利法人であるSwarm財団によって開発されています。Swarmは投資の民主化を目指していて、今までは富裕層しかアクセス出来なかった素晴らしい投資機会に誰もが参加出来るようにしようとしています。

Swarmが他の似たプロジェクトと違う点の1つは、非営利法人によって運営されているということです。非営利法人であるSwarm財団は、利益の一部を取るようなことはしません。

現在Swarmのプラットフォームで利用可能なのは、Swarm Investという投資機会提供アプリです。Swarm InvestではKYC(身分確認)を済ませた人なら誰でも、プライベートエクイティ(未上場企業の株式)や不動産を含めた様々な投資機会に対して仮想通貨で投資することが出来ます。現在投資に利用可能な仮想通貨は、SWM、BTC、ETH,DAI、DASHです。

Swarm Investへの登録・KYCの解説記事はこちらです。

投資家とは逆に、資金を集めたいファンドマネージャーもSwarm Investに登録し、世界中の投資家から資金を集めることが出来ます。投資家は提供されている投資機会に対して、上記仮想通貨を使って簡単に投資できます。投資に必要な最低額は無く、お金持ちでないと投資出来ないということはありません。

投資によって得られるトークン(ファンドマネージャーが発行するトークン)はセキュリティトークンと呼ばれ、これは証券をトークン化したものです。他のICOプロジェクトと違い、Swarmでは従来の株式などの「証券」をトークン化しているということを明確にしています。そのためSwarmで発行される全てのセキュリティトークンは、証券に対する規制に厳格に従っています。

Swarmのプラットフォームにローンチされる投資機会は将来的に数多くなることでしょう。その時、全ての投資機会についてリスク・リターンを人間が計算して管理するのは現実的ではありません。そのためSwarmではAIを開発しており、事前に設定された目標に沿った投資の選択が可能になるでしょう。

SWMの価格を上げる要因

例えばある投資機会に対してBTCで投資するとします。その場合、投資したい額のBTCとは別に、投資額に対してある割合の額のSWMが必要になります。逆にSwarmのプラットフォーム上で資金を集めたいファンドマネージャー側も、集めたい資金に対してある割合(当初は1%ほどを予定)のSWMを支払う必要があります。詳細は後述しますが、Swarmのプラットフォームを利用するにはSWMが必要になるということです。

つまり、Swarmのプラットフォームが多くの投資家やファンドマネージャーなどに使われるほど、SWMへの需要が増えて価格が上がるということです。

Swarmで発行されるトークンは2種類

Swarmで発行されるトークンは2種類あって、その1つがSWMというユーティリティトークンです。これはSwarmのプラットフォーム・サービスを利用するのに必要なクーポンのようなものであり、セキュリティトークンではありません。Swarmで発行されるSWM以外のトークンはセキュリティトークンであり、これはいわゆる証券です。

SWM(ユーティリティトークン)

SWMはSwarmで発行されるトークンの1つで、ユーティリティトークンです。これはSwarmのプラットフォームが機能するのに欠かせない動力源で、イーサリアムのガスのような存在です。

SWMの役割は主に3つです。

ガスとしてのSWM

ファンドマネージャーは投資機会をSwarm上でローンチし、必要な期間運営し続けるのにSWMを支払います。これをGFO(Gas for Fund Operations・ファンド運営のためのガス)と呼びます。

投資家は、投資額に対してある割合でSWMを支払います(当初は1.0%-1.5%を予定。後に投票により変更可能)。これをGCD(Gas for Capital Deployment・資産配置のためのガス)と呼びます。ただし、投資により得られるセキュリティトークンをある期間ロックし、取引しない状態にするなら、支払ったSWMはロック期間終了時に払い戻されます。

セキュリティトークンをロックしておくことは、プロジェクトを計画的に運営したいファンドマネージャーにとってメリットがあることです。

声としてのSWM

Swarmのプラットフォームでおそらく最も革新的な機能は、このガバナンス機能です。これは流動的民主投票モジュール(Liquid Democracy voting module)と呼ばれます。SWMの保有者から成るコミュニティは、各投資に対しても、Swarmプラットフォームの運営に関しても投票することが出来ます。

投票参加者は、システムをより良い方向に導く行動をする対価として、SWMをもらえます。ただし投票の際、スパムと区別するために一時的にSWMを支払う必要があります。全ての良質な提案者にはSWMが払い戻されます。

Swarmが目指す投資の民主化には、SWMのこの機能が欠かせません。

価値としてのSWM

Swarmプラットフォームにおける全ての関係者は、エコシステム内で自分にとって最適な行動を取ろうとします。

投資家は、セキュリティトークンをロックするかどうか選べます。
ファンドマネージャーは、投資家が支払うGCD(資産配置のためのガス)のインセンティブを通して競争します。
インフラ・サービス提供者はより良いサービスの提供のため、革新を続け、高次元の競争サイクルを追い求めます。

SWMの価値は、これらのインセンティブから直接生まれるものです。

投票を通じて全てのステークホルダーが交流し、コミュニティが自動的に、管理者無しで運営されていくようになるでしょう。最初のガス価格などはSwarm財団が設定しますが、将来的にはSwarm財団は現在の管理者から助言者・案内人といった立場に変わっていくでしょう。

セキュリティトークン

Swarmで発行されるもう一つのトークンです。これは従来の証券をトークン化しただけのものであるため、仮想通貨に馴染みのない、技術がよく分からない伝統的な投資家にとっても理解しやすいものです。セキュリティトークン自体はSWMと違い、Swarm独自のものではありません。

しかしながらSwarmプラットフォームで発行されるセキュリティトークンは、イーサリアムのERC20を拡張したSRC20プロトコルに準拠しており、このプロトコルはSwarmが定義したものです。これにより、責任の所在、法的権利、位置、目的など資産に必要とされる属性がトークンに追加されます。

トークン化により、例えば不動産なら一部屋の所有権を100万分の1(もしくはそれ以下)に分割して売買出来るようになり、資金に余裕の無い投資家でも投資に参加することが出来るようになります。これは潜在投資家の大幅な増加につながり、流動性の増加につながるでしょう。

マスターノード

SWMマスターノード
SWMのマスターノードに参加してブロック報酬や投資機会からの利益の一部を得るには、以下の2通りの方法があります。

  • 50,000枚のSWMをステークして自分でマスターノードを運営する
  • 何枚からでも参加可能でその枚数に比例した報酬などを得ることが出来る、Swarmマスターノードトークン(SMN)に対して投資する

SWMのマスターノードが画期的なのは、長期に渡って高い報酬が期待出来る点です。

例えばNEM(ネム)のスーパーノード(通常、ネットワークを支えるノードはマスターノードと呼ばれることが多いが、NEMの場合のみスーパーノードと呼ばれる)だと、報酬用プールが枯渇した後はトランザクション手数料のみが分配予定となっています。そのため長期間に渡るマスターノード運営のインセンティブが十分でないという懸念があります。

SWMマスターノードの報酬には、ブロック報酬とMDF報酬の2種類があります。ブロック報酬の額は年々下がっていきますが、MDF報酬はSwarmプラットフォームが拡大する限り、その額に上限はありません。

この2種類の報酬メカニズムによって、SWMマスターノードに長期間のインセンティブを与えることを実現しています。

ブロック報酬

こちらは1000万枚の報酬プールから、マスターノードに分配される報酬です。毎年25%減少し、100年間に渡って分配されます。報酬はブロック生成ごとに発生し、それぞれのマスターノードに順番に分配される、いわゆるラウンドロビン方式です。

このブロック報酬は、NEMのスーパーノードの報酬と同じようなものです。これがあることによって、初期の段階からマスターノードへのある程度の額の報酬が担保されます。

MDF(マーケット開発ファンド)報酬

これがSWMマスターノードの最も画期的な部分であり、Swarmのみが持つ独特なメカニズムです。

ブロック報酬が発生するたびに、同じ額のSWMがMDF(マーケット開発ファンド)にプールされます。このMDFにプールされたSWMは、マスターノード運営者による投票によって選ばれた、Swarmプラットフォーム上のファンド(投資機会)に投資されます。

この投資によって発生した利益の30パーセントがマスターノードに分配されます。残りの70パーセントで市場(おそらく分散型取引所を使用?)からSWMトークンを購入し、購入されたSWMトークンは翌年のMDFプールに足されます。

つまりSwarmプラットフォームがどんどん拡大して素晴らしい投資機会が利用可能になればなるほど、マスターノードの報酬が上がると同時にSwarmプラットフォーム上のファンドにも資金が集まりやすくなるということです。

この好循環によって、SWMの価値とSwarmプラットフォームのエコシステムは無限に拡大していくでしょう。

SWMのマスターノードについて、さらに詳しくは仮想通貨SWMマスターノードの報酬や仕組みをご覧ください。

こちらはマスターノードの情報のやり取りをメインとする公式のテレグラムグループです。英語ですが、もしマスターノードに参加することを検討しているなら必ず参加しましょう。

マスターノードに参加している各ETHウォレットのリアルタイムな報酬獲得情報はこちらで確認できます。

現在投資可能な案件

現在Swarm Investにローンチされている投資案件には以下があります。()内は発行されるセキュリティトークン名です。

こちらはSwarm Investで投資可能なファンドの一覧・詳細です。Swarm Investへログインしていなくても見ることが出来ます。

Robinhood(RHET)

非上場企業であり近年株取引アプリでアメリカのミレニアル世代を中心に大人気のRobinhood(ロビンフッド)の株への実質的な投資が、Swarm Invest上で可能になりました。
詳しくは未公開株(非上場) Robinhood への投資が Swarm で可能に

Fractional Dash Masternodes (DMN)

仮想通貨DASH(ダッシュ)のマスターノードの一部を所有出来ます。DASHのマスターノードをたてるには、本来1000DASH(2018年7月8日時点で2700万円相当)が必要ですが、このファンドに投資すればいくらからでもマスターノードの恩恵を受けられます。例えば1DASH投資すればマスターノード収益の0.1%を受け取れます。ただし、ファンドの運営に必要なコスト(サーバー台など)を引いた残りを分配となります。Swarm以外でもマスターノードの共有サービスなどは存在しますが、DASHのマスターノードが持つ投票権まで一部所有出来るのは、現在Swarmのみです。

NIAH Fund (NIAH)

住宅ローンが支払えず差し押さえ間近になった不動産物件を格安で買い取り、修繕して貸したり売却して利益を出すファンドです。

Andra Capital (SVC)

未上場のシリコンバレーのテクノロジー系企業に投資するファンドです。lateステージの、高成長が期待出来るプライベートな企業中心のポートフォリオです。Andra Capitalは、このSVC(シリコンバレー・コイン)によって世界中の投資家がシリコンバレーの成長段階にあるトップ企業へ投資出来るようにして、ベンチャー・キャピタルを民主化します。

FarmCoin (FARM)

このベンチャーの主な目標は、金融サービスを受けられない、アフリカの7億もの農家コミュニティに対してインフラとリソース(資源)を提供することで、彼らが家族や自分の国、そして世界の飢えを解消出来るようにすることにあります。
詳しくはこちらをご覧ください。
Swarm(SWM)で投資可能 – FarmCoin (FARM)

SparkLabs Smart City & Smart Planet Fund (SPRK)

Property Coin (PCX)

Viejo San Juan Comunidad RE Fund (VSJ)

今後予定されている投資案件

2018年6月、Ripple、Coinbase, Robinhood、Didiの株に投資するのと実質同じであるトークンのローンチが発表されました。詳しくはこちらをご覧ください。

SWMが上場されている取引所

現在SWMを購入出来る取引所は、Exrates、HitBTC、IDEXです。Binanceなどのメジャーな取引所への上場が期待されます。

Exrates

通常の取引所です。現在Swarmのチームが正常に取引可能か調査中ですので、結果が発表され次第こちらに追記します。

HitBTC

こちらの取引所は、日本人は使えなくなってしまいました。一時的な処置かもしれませんので、取引可能になり次第こちらに記載致します。

IDEX

分散型取引所です。メジャーな取引所への上場がされるまでは、とりあえずこちらでSWMを売買しましょう。

今後の新たな取引所への上場について

2018年10月5日、SwarmがBancor(分散型取引所)での上場を廃止する決定をしました。理由としては長期のSwarmの成長のため、より規模の大きく有名な取引所に上場した方が、多くの人にリーチ出来るし流動性も上がるからです。

初期のSWMの流動性を提供し、取引に役立ってくれたBancorが悪い取引所という訳ではもちろんありません。私(当サイト管理者)もBancorを使ってSWMを売買した経験があります。

既に活発に話し合っている取引所への上場を、今後発表する予定とのことです。

Yobit(ヨービット)という取引所にも上場されていますが、こちらは引き出しが出来ない等トラブルが多数報告されているため、使うのは危険なのでやめましょう。

2018年10月5日現在、日本人が問題無く使えるのはIDEXとなります。Exratesが問題なく使えることが分かり次第、また新たなメジャー取引所への上場が決定し次第こちらに情報を追記致します。

リンク

Swarmで現在投資可能なファンド一覧・詳細(ログイン不要)
Swarm創設者への日本語インタビュー

テレグラム(Telegram)

SWMのリアルタイムな最新情報を得るには、テレグラムに参加しましょう。日本語公式テレグラムもあります。
公式SWMテレグラム(英語)
公式SWMテレグラム(日本語)
公式SWMマスターノードテレグラム(英語)

公式英語テレグラムの運営は、仮想通貨のコミュニティ管理で有名なAmaZixに委託しています。そのため管理者(admin)マークが付いているのは、AmaZixのメンバーとSwarmのチームメンバーになります。

AmaZixの管理人は名前にAmaZixと付いているので見分けるのは簡単です。SwarmのチームメンバーであるAlexやSam Stoneなども頻繁に会話に参加しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする